スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無駄な努力も風邪も

今月の始めの頃から室内の整理整頓を少しずつ実施していたけども、結局はほとんどは捨てるべき品ばかりで、それをを山積みにしたままだから何時までも片付かないと云う馬鹿愚かな状況となっている、整理整頓を推進するのに「断捨離」と云う言葉を耳にする事が多い、それは要するに思い切って手当たり次第に捨てなさいと云うことで、他にも片付けやら整理整頓を推進したり指南する書に目を通すと、思い切って捨てるべしと云うのがほとんどの要旨であって、私の場合はその状態はとっくに通りすぎていて、問題点はその捨てるべき品々を市が指定した通りに分類するのが大変にめんどくさいと云う処にある。

あまりの面倒さに分類がさっぱり進まず捨てるべき品は次々に積み上がるし、やっと分類をしても不燃性は月に二回、資源性は週に一度と、回収日が少ないのでついつい出すのを忘れて更に山の標高は増すばかり、最近は通販を利用することが多いので、空き箱を潰したものも貯まる一方となっている、その内に何んとかなるだろうと高をくくっているから、何んともならずに矢張り山は積み上がり標高はさっぱり減らずに増すばかりになっている。

処で風邪の症状は今朝も起きたなりにふらふらとするし、頭はかーんと響いて鼻水は制御弁が緩みっぱなしで喉は猛烈に滲みるように痛い、さっそく鼻をかんで手と顔を磨いてから朝食の支度を始めて簡単にぱっと済ませて、牛乳を熱くしてはちみつを溶かして飲んだら汗が出て、甘い薬用トローチを舐めた。

ふらふらとする頭を抱えているうちに重くどんよりと頭痛をしているのに気がついて、そう云えば昨日も一昨日もコーヒーを飲んでいないのでカフェイン離脱の症状も混ざっている様子、さっそくコーヒーをこしらえて飲んだら、しばらくした頭痛は収まって風邪の症状も僅かに善くなった。

昼になってラジオから昼の憩いが始まったので簡単な昼食をぱぱっと済ませた、午後は生姜と蜂蜜を混ぜた湯をこしらえて飲んで汗が出たので、喉のトローチを舐めはじめた、食事の度に風邪の症状は僅かに善くなった感じがしているし、およそ回復を割合にするとおよそ三四割と云った処か、然し明日は上州地方へ行く用事があってこれはどうしても外す事が出来ないから、用意周到に身体へ負担を掛けないよう気を付けながら行きたいけども、何にをどうするかと云うとそれは普段と変わらないような気がしないでもない。

風邪で寝込んでしまった為に正月に食べようと思っていた、蒲鉾や伊達巻や数の子や肉類を買い求めに行けなかった、明日はそのような訳で上州地方を訪問するし帰りに買うには持ち物が多すぎて持つのが六つかしい、幾年か前に同じような状況に陥って大晦日の夕刻に買いに行ったら、幾らバスプラ西友と云えどもすっからかん、何んにも買う事が出来なくて些か悔しい思いをした事がある、処がそれとは反対に大晦日に行ったら大量に売れ残っていて、大幅な値引きにより半額以下で買う事が出来たりしたのでこればかりは運頼みか知ら。

スポンサーサイト

今日も鼻喉全開

今日もまだ喉の痛みやふらふらするのが取れなくて一日を緩っくりと凡々と堕落し無く過ごした、朝は適当かつ簡単な朝食で済ませて、昼も簡単かつ適当に済ませて凡々としていた、それにしてもちり紙が減って行く様は尋常では無い速さで、今日も便所用の巻紙の一巻きが朝から夕方までには無くなった、鼻の奥にある制御弁がばかになっているのではないかと思われるほどに酷く、明日はいよいよ紙を買い足しへ行く様でもある。

夕方になって今日も市役所のやかましい放送が流れて、ミゾレが降ると予報されていたけども雨が降り始めてそのまま日が暮れて夜になって、さらに冷たい雨がそこら辺の全体へ染みるように降り始めた。気温が少し上がったような気がするし湿気も増えたことでもあるので喉の痛みは幾らからくにもなってきた。

夜になってネットワークの調子が悪くて苛々しながら格闘をしていたけども、ネットワーク装置の設定や管理はもっと簡単にできないものかと常々に思う、私のように幾らか知識があってもかなり六つかしい、ましてなITに詳しくない一般の方々には敷居が高すぎて、いざ不調になったら手も足も出せない、ここら辺はIT関係者の手抜き以外の何者でもないと思う。

処でかねてから欲しかいと思っていた二十三型のデジタルテレビをマリネラ駐在員氏の尽力により、大幅な廉価で手に入れることが出来て大変に嬉しい、この場を借りて御礼を申し上げたい。

最近のテレビはDLNAがあるのでレコーダーなぞとHDMIや赤白黄色の信号線なぞで直接繋がなくて良いのが何によりもらくで良い、あとはアンテナ線と電源線を何んとか無くせないものか。

今日もふらふら過ごし

今朝も昨日に引き続き目が覚めてみたら喉が痛くて頭もふらふらとしていて、熱を測ると三十七度二分程度、微熱よりは幾らか熱があるという程度か、それでも気分はよろしくないのには違いが無くて、中々に治らないななぞと思ったけども発症をした翌日では仕方が無い物は仕方が無い、諦めて今日も緩っくりと過ごすことにしようと思う。

昨晩にこしらえた飯と味噌汁が残っていたのでそれと玉子と海苔で簡単な朝食を済ませて、蜜柑やらを食べた後にごろりと横になって凡々と過ごすけども、あまり酷い状況では無くしかし完全に健康でも無いという中途半端で退屈な事になってしまっている、テレビを点けてみたものの頭にかーんと響いて鬱陶しいから消して、ラジオを小さい音で点けて流した。

普段から慢性の鼻炎を持っているので鼻水とたんが酷くてちり紙が手放せないけども、それに風邪の症状が拍車を掛けてちり紙を猛烈な勢いで使ってしまう、勿体無いのでトイレで使う巻紙にしてみたところ、夕方までに一個半を使ってしまって、我ながら驚いた。

凡々と過ごしている内に昼になって12時20分にNHKラヂオが「昼の憩い」と云う放送を始めた、何んとも日本の古い民謡を連想させるような主題曲が掛かり、これは私が子供の頃に聴いていたものとまったく変わらず、内容も昔と変わらず「ドコソコ放送局ふるさと通信員の便り」をやっている、長い番組もあったものだと聴いていたら昭和二十七年から放送していると云う、これからの変わらず続けてほしいと思う。

夕方になって市役所のけたたましい放送が始まった、大音響のオルゴールと共に「良い子はおうちへ帰りませう」と云うもので、我が家は市区境界が近いので三っつの自治体のそれぞれの違う音や旋律、或いはセリフが混じって何を言っているのかサッパリ判らなくてうるさいばかり、ところで近所にあった教会は毎週日曜日の朝や毎日の午後五時になると鐘をかんかんと短く鳴らして、教主が生誕したまつりの時にはさらに派手に鳴らしていたような気がしていたけども、思い出してみればしばらく前からその音が聞かれないなとその場所を見てみたら、建物は跡形もなく道路をこしらえている処、耶蘇教とは縁がないけども鳴らないと寂しいような気もする、市役所の大音量で流す放送よりはだいぶましと言える、代わりに近所の寺で梵鐘でも鳴らしてくれないか知ら。

今夜の食料品がもう無いのでどうしようか考えたけども、風邪を引いて怠いし頭もかーんとするので向かいのコンビニエンスへ行き弁当を買い求めた、コンビニエンスの弁当だけは避けたい品ではあったけども、このような場合には仕方が無いし、向かいにコンビニエンスがあると云うだけでも贅沢と言える。

風邪を引いたかな

実に鬱陶しい事になってしまって、目覚めてみたら喉が猛烈に痛くて腫れている様子、水や食べ物を飲み込むと腫れている部分へ触れて染みる、とりあえずスプレー式のルゴール液を塗布してみたけども過去の経験より効果は怪しい。

朝食の後に業務へ取り掛かって喉の痛みを堪えていたけども、次第に気にならなくなってコーヒーを飲んだりしている内に昼になったから、バスに乗って買い物へ出掛けたついでに昼食も食べて帰ってきた、珍しく苺やオレンヂを買ってきたので夕食に汁を絞って飲むことにしようと思う、そうして明日は小学校時代の同窓会が予定されていたけども、残念ながらこの状態では無理なので欠席をお願いした。

午後になて日が建物の向こう側へ行ってしまうと急速に室内がさむくなってきたので、いよいよ暖房装置を点けて部屋を温めているけども足が猛烈に冷たくさむい、足温器を出しても足の裏が熱いだけで足の指や上は冷たく、炬燵のようには温まらないのでもう少しましな足温器を手に入れたい。

それにしても便利な時代になったもので、風邪の初期症状についてネットで調べたらどっさりと山のような情報が出てくる、真贋のほどは判らないけども風呂へ入ってはいけないと云うのは今は違うことになっていて、熱過ぎずに眺めに浸かり身体の芯から温まるのが善いという意見が多く、さらに風呂へ入ると湿気や湯気が喉や鼻の痛みを緩和するともある、それでは湯を溜めて浸かることにもしよう。

そのような訳で今夜はエビスをよしてご飯を炊いて熱い味噌汁もこしらえて、夜は早めに寝てしまうことにしよう。

車内で文章書き

転居して第一回目、過去分は左のリンク「旧居:QP(さ)の小さな家・ジオログ」をご利用ください。

週に幾度かは仕事の都合で上州地方を訪ねていて、そのために薄いノートPCを持ち歩いている、持ち歩きのネットワーク契約をしていないので、自宅か客先に居る時以外はどこへも出入りが出来ないから、列車内では鞄へ入れっ放しにしていたけども、帰りが遅くなると窓の外は真っ暗で何んにも風景は眺められないし、いつも持ち歩く文庫本も忘れて来てしまったりすると幾ら鉄道に気が違っているとしても退屈で仕様が無い、そこでノートPCを取り出して日記もどきの原稿を書いてみたりする。

PCを膝の上へ乗せて鍵盤をぱちぱちと打ち始めて少しすると、裏側が熱を持つのでさむい季節は膝が暖かくて心地も良く、そう云えば昔はノートPCなぞと言わずラップトップPCなぞと呼んでいたのではと考えつつ、思いついた文章をぱちぱちと打ち込んで行く、膝が次第に温まるのに併せて電車の暖房で暖かい尻やふくらはぎも温まって全身が温ま。

夜も遅い長距離の上り列車の客は少ない、四人掛けの座席も一人で占拠出来る代わりに冬は隙間風だらけでえらい寒い、PCが暖房機の代わりにもなると云う次第、然し気が付くと眠り込んでいる事も多くうっかり寝込んでいる内に盗まれたりしたら大事だから油断はいけない。

たいていの場合は車内で打ち込んだ文章のほとんどは使い物にはならずに、帰宅をしてから大幅に加筆修正をしている、とは云え風景が見えない夜中の列車内では暇つぶしにはなるし、冬であれば膝暖房の代わりぐらいにはなるし、列車に乗っている時間は長くて片道で二時間なので電池も往復で充分に足りる、尤もグリーン車や特別急行に乗ってしまうと、PCを出す前にほとんど眠り込んで過ごしてしまう。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。