スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もバスで

今日も上州地方へ行くので昼過ぎには支度をして出掛けた、数日分の肌着やら靴下やシャツなぞの着替えを持っているので荷物が多く動きが緩慢になってしまうから、駅での乗り換えも余裕の時間を見て乗り継いで行くことにした。

途中の所沢の駅にて遅い昼食を摂る事にして立ち食いの蕎麦店へ這入った、この店は駅の改修工事が始まったときに閉店廃業とされて、駅が新しくなっても再開しないで女子供向けのちゃらちゃらした店或いは安物を高く売りつけるお高く留まった婆さん好みな店ばかりになってしまって詰まらないこと甚だしい、西武鉄道は駅を新しくする度に立ち食いの店を追い出してこの様な詰まらない店ばかりにしてしまうと、以前の日記で嘆いていたら同じように思う人が多かったもようで、「ご利用客の皆さまの強い要望により再開」と云うことになった。

掛けの蕎麦を注文して月見にしてもらって、出された丼に玉子の黄身がきらりと照明に光り、熱さで少し白濁した白身がふわりと雲の様、更に黒いつゆが夜空の様に見えて月見そばとは善く言ったもの、英語で云えばムーンライトと云った処か。

そばを頂き腹が駆逐された処で電車を乗り継いで行った、外は大変に善いお天気でどこまでも青い空が広がる、電車が高台を通ると遠くの山並みもはっきりと見通せて、仕事ではなく私用でお楽しみな列車に乗りたいと思う処、幾つも電車を乗り継いで田舎の単線駅へ着いた、バスの時刻まで十七八分ほどあるので、駅の改札脇にある長椅子へ腰を掛けて緩っくりしていたら、寒いと云うのに蚊が遣って来てしつこくまとわりついて刺す、払っても払っても次々に幾疋も遣って来て幾箇所も刺されてしまって痒くて腹立たしい。

仕方が無いものは仕方が無いのでバス停へ行き荷物を長椅子へ置いてバスを待っていたら、矢張り蚊がしつこく遣って来る、蚊を追っ払っていたら遠くから、どんどこ、どんどこ、と太鼓の音と笛の音が聞こえる、それで子供の頃の出来事を思い出した。

夏休みの暑い夕方に神社の方から笛や太鼓の音が楽しそうに聞こえて、然し祭りは無かったはずと不審に思いながら近寄ってみると、果たして誰も居なくて薄暗い社の境内へ這入ると途端に音が途切れた、怖くなって全速力で駆けて幾度も転んで泣きながら帰ったという事を思い出して、あれは果たして現実だったのか夢だったのかは今となっては判別はできない、よく考えてみれば当時の住まいの近辺に神社なぞ無かったから、夏休みの白昼夢を何故か鮮明に記憶しているに過ぎないのか知ら。

太鼓と笛は百メートルほど先の広場で煌々と明かりを灯して演奏を遣っていて、大勢の見物人が眺めているからこれは白昼夢なぞではなく現実のものに違いない、蚊と闘ったり笛太鼓の事を考えている内にバスが遣って来た。

バスは今日も私一人を乗せて夕暮れの風景の中を走り出した、遠くの山並みの向こうはまだ幾らか赤く明るく昼の余韻が残っている、中扉脇の席へ座ると前方も善く見えて、反対側を行く自動車の前照灯がずらりと並んですれ違って行く、やがて国道から県道へ這入ると自動車の数もめっきり減って、街灯が無いので前方はバスの前照灯だけが頼り、時折にすれ違う自動車の前照灯が深海で出会う魚の目のような感じがする、車内には停留所を告げる放送が次々に流れても乗り降りする人は居ない、と思ったら半分ほど行った処で珍しく若い女性が乗って来た、両手にたくさんの柿を持ちリュックを背負って大変な事だと思う、彼女は席へ座ると窓辺へ回数券を取り出して並べたので、この路線をよく理由する模様、いつも日曜日の最終便を利用するから誰も乗っていないのであって、総合病院を経由するのもあるし、もしかすると平日の昼間は利用客が多いのかもしれない、そしてバスは笠が谷戸と云う、えらく寂しいバス停へ着いたので降りた、仮住まいまではあと一キロメートルほど、周囲は畑ばかりで道は真っ暗だから懐灯を照らしながら歩いて行くことにしよう。
スポンサーサイト

赤字路線

今日も上州地方へ行くのに三っつのバスと四っつの電車を乗り継いで行く、それで最後の電車に乗って単線で片面だけの小さな田舎駅を降りてバス停へ向かった。と云っても駅から歩いて一分も掛からない処にバス停はある、バスを待っていると蚊が遣って来て刺すから痒くて堪らない、特に右の眉の辺りを刺されたのが猛烈に痒い、ずぼんやシャツの上からも刺すのでなかなかに強力な針を持っているらしい。

十分ほどして遣って来たバスは誰も乗っていなくて席は選り取り碧、中扉脇の席へ座って荷物を座席の脇へ置いてふうと溜め息をつく前にバスは走り出した、バスは夕闇迫る山間と田園風景の中、私一人を乗せて淡々と走り続ける、風景はすっかり日が暮れて赤い夕空もすっかり夜の藍色に染まりつつあって、山の方へ数羽のからすが飛んでいるのが見えて、まるで童謡のようであるななぞと一人でくすくす笑ったりする、停留所を告げる放送が次々に流れても乗り降りする人は誰も居ない、沿道には時折にスーパー店なぞが明るい店を構えて数多くの自動車が出入り或いは止まっているけども、矢張りバスに乗る人は居ない。

およそ三十五分ほどが過ぎて降りるバス停へ着いて代金の五百十円を支払って降りたので、このバスの運賃箱には私が支払った五百十円と釣り銭用の小銭しか這入っていない筈、このような赤字路線では近いうちに廃止されてしまうのではないか少しく心配に思う。

あとで調べてみた処、この路線は三っつの市と町がお金を出し合い採算は兎に角として走らせていると云う、それも沿線住民の強い要望により始めたともある、とは云え幾らかは知らないけども少なからぬ額が支出されて財政の負担にもなっている筈で、存続を要望した住民もバスを走らせさえすれば後は知らん顔ではあまりにも無責任ではないかと思う、バスを走らす以上は自らの財布から運賃を支払って利用すべきで、誰も利用しないのであれば無駄なだけだからさっさと廃止するのが善いと思う。

新居祝い

監督氏とアンタレスさんのご夫妻は最近になって都内の某所へ転居なされたので、それを記念及び祝して皆で集まり酒宴を開いた、都区内某駅から歩くことおよそ十数分、都心部とは思えないほど静かで落ち着いた住宅街に新居がある、所々には文豪でも住んでいそうな古い住居も散見させられて武蔵野台地の外れのためか坂道も多い、暮らすならこの様な静かな処が理想的、騒々しくて窓も開けていられない我が家を思う。

新居ではアンタレスさんが手料理を振る舞ってくださり、おいしさを堪能しつつ酒も飲みつつ歓談は進む、途中から女優の須藤真澄さんも駆けつけ加わりさらに話に花が咲いた、気が付けばすっかり夜も更けて九時半を過ぎていたので左様ならと挨拶をして新居を辞して、某駅から地下鉄と電車を乗り継いで帰って来た。

池袋の駅から電車に乗る時に猛烈な睡魔が襲来をして大変に危ない、お腹はおいしい料理ですっかり出来ているしお酒もいっぱい飲んだ、乗り越しを警戒して最寄駅で終点になる電車を選んで乗ったら、果たして眠り込んで駅員に「終点ですよ、電車を車庫へ仕舞いますから」と起こされた。

この場を借りてアンタレスさん、監督氏には厚くお礼を申し上げたい。

木の実を踏む

今日は七面倒なプログラムの屁理屈を考えていたら頭の中がこんがらがってしまって脳味噌が痺れるように草臥れてしまった、データベースで五つの表から条件を付けてそれぞれデータを取り出して、そのうちの二たつは違う条件で別に取り出して、三番目の表から取り出した条件で取り出したもの一番目に取り出したものから除外、さらに四番目の表は云々、五番目も云々、なぞと足らない頭を捻っていたら数百行にも及ぶSQLになってしまったけども、SQLはそれ一とつで済むからcsvを出すプログラムはとても簡単で済んだ。

飴玉をしゃぶりつつ頭の天辺から湯気が出そうになりながら気が付いてみたら七時半を過ぎていた、SQLはうまく動いたしプログラムは単純で済んだのでそれで業務を仕舞いにして職場を辞した、暗い夜道をふらりふらりと歩いていたら突然足元がばりばりと音がして何かを踏んだ、小さな懐灯を灯してみたら何かの木の実らしい、懐灯で辺りを見てみたらどうやらつばきの実が風で飛んだ模様、足元が真っ暗で見えなかったので踏んでしまったけども、これが犬の忘れ物なぞであったらどれだけ腹を立てたことかと思うしその場で叫んでいたかもしれない。

涼しくなって

ようやく朝も夕も暑くなくなったので、仕事への行き帰りの道すがらに風景なぞをゆっくり眺める余裕が出来た、暑い内は暑さで頭がぼんやりとして何んにも考えるゆとりなぞ無く、目の前に自動車が来るか来ないかに気を払うのが精いっぱい、職場へ着いても仮住まいへ帰っても、汗だくでしばらくは涼みがてら何んにもすることができなかった。

夜の八時も過ぎて職場を辞して住宅街や田畑の暗い通りを寂しく歩いてい帰るのがこの処の日課、日が暮れて道はすっかり真っ暗と云うわけでもなく、忘れた頃の様に薄暗い蛍光灯の街灯が無くはない、その乏しい蛍光灯の明かりを頼りに目を凝らして足元に気を付けながら暗い夜道を歩く、赤城颪を思わせる冷たい夜風が吹けばいよいよ寂しい感じがする、それにしても夜道で聴く犬の遠吠えはどうして気分を暗くするのだろうか。

職場と仮住まいの中間点にあるコンビニエンスへ寄って夕餉の食料品を何ににしようかうんざりした気分で眺めていると、もうどうでも善くなってきてカップ入りの酒とおでんを買い求めた、仮住まいへ戻って湯浴びをした後に暖房が欲しいほどに寒い部屋でそれらを頂く。

思い返してみると酒とおでんの組み合わせは初めてかもしれない、酒をレンジで燗酒にして冷めかけていたおでんも熱くした、熱い酒を飲みおでんの大根を齧るとお腹が暑くなって汗も出始める、それで我れに返って何にをしているのだろうなと思ったらおかしくて一人でくすくす笑ってしまった。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。