スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小型印刷機

オークションの画面を何んともなく眺めていたら熱転写プリンターが出されていて、かつてアルプス電子の熱転写プリンタで散々な目に遭ったのを思い出した、今でも熱転写式があるのかと思って詳しく観たら熱インクを用いるものとは違って、感熱ロール紙を用いるものでスーパーや商店なぞの勘定場でレシートを出すときに使われるもの、少しばかり興味があったので幾つか眺めてみると、矢張り業務用と云う事なのか製品は小型なのに価格は十万円に近い、然し中古を観ると五百円からある、五百円?、それなら一とつ買って遊んでみても善いかなと思うようになった。

型式について詳しく検索をしてみると、メーカーのサイトにてWindows7/64bitのドライバーも提供が為されていて誰でも落とすことが出来る事が判った、さっそく五百円の品へ入札をした処、終了の一分前に六百円で入札した人に取られてしまって大変に悔しい、そこで次は五百円の品へ777円で入札を掛けてみたところ、矢張り一分前に入札した人が居てとられてしまって再び大変に悔しい、五百円の品はもう一とつあったので、今度は1001円までなら出しても善いと考えていたら矢張り一分前に入札があって1011円で取られてしまって矢張り大変に悔しい。

新品で買うと十万円に近い品が中古とは云え何んで五百円かと云うと、正面のプラスチックのカバーが無かったり傷が多く褪色があったりケーブルや取り扱い説明書が無かったりと云う事らしい、結局プラスチックの蓋が無い品を1000円ほどで落札が出来て翌々日には品物が届いた、さっそくPCへ取り付けてUSBでつないでドライバをメーカーのサイトから頂いて導入したら使えるようになったので、試しにテキストを印字してみた処その速さに仰天してしまった、スーパーの勘定場を見ているとレシートの紙がするすると流れるように素早く出てくるけども、およそその二倍程度の速さで出てきて紙を自動的に切ってくれる、さらにメーカーから取り寄せた「ドライバー一式」とされている圧縮ファイルの中を見ると、この印刷機を用いて色々な書式やグラフィックを印刷するための開発キットSDKが同梱をされている、それはそのうちに使ってみて適当にこしらえてみようと思う。

処でおもちゃには千円と少し高価ではあったけども、何に使おうかと色々考えてみて、日記の原稿を印刷して推敲をしたりするのにも使えるし、買い物のメモもこの紙ならレシートサイズであるから財布にも這入る、さっそく今日の買い物に必要な品を印刷してみた、「ねぎ、醤油、ごま油、玉子、歯ぶらし、等々」。どこかへ出掛ける時に簡単な地図を印刷したり、店の得点券を印刷するのにも使えそう、何によりも感熱紙へ印刷をするのでインクやトナーの残りを気にしなくて善いのは精神衛生上には大変によろしい、問題はロール紙が手に入らない事で、天下のヨドバシカメラにも扱いが無く近所の文具店にも無い、通販で買わざるを得ないので添付されていた僅かな紙が無くなったのでしばらくは印刷が出来ないと云う、碌でもない話しの落ちとなった。
スポンサーサイト

掛けそばを食べながら考えたこと

昨日は用事があって都内の方へ出掛けた、昼食は何にしようか迷って久しぶりにマクドナルドでも食べてみようかと店へ這入ったけども献立表がよく判らない、私が好きなチーズバーガーはどこにあるのか探してみたところあれこれセットになって600円に近い、単品は売られていないのか判らない、魚を揚げたものがあった筈とやっと探してみたら矢張り700円に近い、これらの品をそのような高価格で食べると云う価値観を持たないしセットの芋がきっと食べきれない、勘定場には長蛇の列が出来て時間も掛かりそう、回れ右をして店を出て近くにあった富士そばへ這入って掛けの蕎麦に玉子を載せて月見にして食べた、それは400円でつり銭があったように思う、食べ終えて冷たい水を飲みふうとため息をついてから丼と冷水のコップを調理場へ返して店を出た。

この前にマクドナルドで何か食べたのはいっであったか思い出せないほど前の話しで、覚えているのはチーズバーガーとコーヒーとで200円と少しであったと云う処、食べ終えると大量のごみが出てもったいないと思った処か、そのマクドナルドが衰退傾向にあると云うけども、掛けそばをたべながら考えてみるとそれも当たり前かなとも思った次第、マクドナルドで600円700円或いは千円に近い金額を支払い買い求めたら、その後はすべてがセルフサービスで席まで持参をして頂く、食べ終えたら盆を所定の場所へ返して大量のごみくずを分別して捨てる、さらに冷たい水も茶も出ない。

マクドナルドで支払って善い額は飲み物とバーガーや揚げ芋が込みで一人当たり300円台が限度ではないかと思う、サービスと云う点で牛丼店、富士そばのような気軽な蕎麦店、回転寿司なぞと比較するとマクドナルドが最低点ではないかと思うし、食後に発生する大量のごみくずは如何がなものかとも思う、然し食後に発生する大量のゴミは米国系料理の店ではどこでも同じか知ら。

列車読書

久しぶりに列車読書、上州地方を訪問する際に車窓は見飽きたしPCで何か書き込むにしても混雑をしているとそれも六つかしい、というわけで本を読むことが再び多くなった。

「里山資本主義」角川新書

http://www.nhk.or.jp/eco-channel/jp/satoyama/interview/motani01.html

経済学の基本によると会社でも行政でも国でも収入と利益が右肩上がりでないといけないと云う、現状維持ではだめなのかというと「経済の基本もわからない馬鹿愚か者め」と小ばかにされて相手にもされない、しかし何にかがおかしいと、経済学が間違っているのではないかと常々に思ってはいたけども、具体的にそれを示すことが出来なかったし説明も出来なかったので黙っていた。

この書はそれらの疑問を解決してくれる。

・衰退するばかりの地方都市
・TPPで農業は絶滅
・都市部へ集中する人口が都市を破綻
・少子高齢化で国自体が絶滅に向かう
・年寄りばかりで財政負担が激増して破綻する
・インフレとし円安株高を誘導

これらがすべて嘘八百であることが善く判る書でもある、だからと言って江戸時代や縄文時代の暮らしへ戻れというのではないし、オーガニックとか自然主義とか云うと新興宗教の様相を呈し勝ちになるけども、それとも違って、現在の都会的な暮らしを天敵として目の仇にするのでもない。

特にNHKは上記に列挙したような事柄を強く吹聴し、理由はわからないけども世論を悲観的な方向へ導こうとする傾向が強いのに、それを否定するこの書はNHKによるもの。

2940再び

ようやくデスクトップPCのWindows7化が果たされて、それでも時折に足らないものが見つかったりするのでXPへ戻ったりもしているけども、おおむね元の通りに使うことができるようになって、まだいろいろなものが不安定であったりする、それらは使っているうちに調整をしたりしてその内に安定してくると思う。

Windows7/64bitへ移行したことでピクセラ社のテレビチューナーカードのDT012が使えなくなった、メーカーのサイトを調べても32bit版には対応するが64bit版については片鱗も触れられていないし対処する気は無さそう、それならそれでいいことにしよう、どのみちピクセラ社のテレビチューナーカードとそのソフトウェアはとても品質も性能も悪くいずれ捨てようと考えてもいたのでちょうど良い機会になった。

このカードを導入した当初にPCI-BUSへ挿した途端にPCが起動をしなくなった、試行錯誤をした結果に当時使っていたAHA2940と同居するのが気に入らないらしく起動の邪魔をする、少し困ったけどもAHA2940を外すことにしてテレビチューナーカードを刺した、これでPCを使いながらテレビを眺められると思ったのも束の間、ドライバーだかアプリケーションだかどちらの所為かは判らないけども、WindowsXPのOSごと落ちることもしばしばで、落ちると大音響でぴーがーと鳴らしたままとなって大変に腹立たしい、更新版を入れてもまったく改善が為されない、さらに性能も極めて悪くてチャンネルの切り替えに十秒ほど待たされてやっと変わるといった体たらく、予約録画を設定してもあれこれエラーが表示されて只の一度も出来た試しは無い、我慢して二年ほど使ったが捨てることにしよう、誰かに進呈することや売却も考えたけども、これを手に入れた人が悲劇に遭うのは不本意、中身と箱を分別してそれぞれの資源ごみへ出すことにしよう、B滓カードだけは取っておくことにしようか。

その碌でもないテレビチューナーカードを外したのでPCIはすっかり空いた、そこで以前のAHA2940を再び取り付けてみた処、すでに古すぎてWindows7/64bitのドライバーが提供をされていない、マ社の盤にも用意が為されていない、さらに検索を続けてみたらWindowsサーバー系OSの64bit版を導入して動かしている人を見つけてその方法を真似させてもらった、AIC78xx系のドライバを手に入れて定義ファイルを少し書き換えてみたらAHA2940はきちんと動き始めて、いつか捨てようとそのままにしていたMOドライブが使えるようになった、尤も盤の方が三枚しか残っていないし新しい盤を手に入れたところでわずかに230MBしか記録を出来ない、いまどき古いMOやSCSI2を残しても実用性には乏しいけども趣味と云うことでいいことにしよう。

激しく不味い料理

何にが激しく不味いのかと云えば自分がこしらえた料理の事で、普段からほとんど上手に出来ない処へ今日は凄まじく失敗な出来となってがっかり、最も不満なのは我が家の台所の作りで、台所と居間の空間が続いているから炒め物や揚げ物なぞをこしらえれば部屋の隅々まで油臭くなって、カーテンから調度品から衣類からすべてが料理の臭みで汚染をされてしまう、理想を言えば密閉をされて強力な換気を備えた台所が欲しいところ。

とは言え一人暮らしで自分の腹を満たせれば済むだけのことに、多額の費用を投じて台所を独立させようとも思わないし、そもそも一人分の料理をこしらえるのもめんどくさい、本来であれば、炒め物の肉類は鶏にしても豚にしても臓物にしても、そのままいきなり炒めたり煮たり揚げ物の衣を付けたりしてはいけなくて、きちんと下ごしらえと下味を点けないとおいしくは出来ない、芝蝦やくるま蝦のような蝦類についても下処理と下味をきっちりとすれば、臭みも無くうま味を引き出せるのはよく知ってはいるけども、何にしても一人暮らしの自分ひとりだけのためにそこまで手間を掛けるのはお金も時間も掛かって後始末もめんどくさい、結局は出来合いの総菜を買ってくることになるし、惣菜は塩辛くて油くどくてうまくないことが多いから、矢張り刺身が中心となってしまう。

がっかりした処で、今日は珍しく赤ワインを飲むことにした、バスプラでカベルネソビニヨンぶどうでこしらえたフルボディの赤ワインを買ってきた、赤ワインはほとんど飲まないので詳しくは知らないけども、西友ブランドのこの700円のフルボディワインはとても香りが善く色もきれいな赤紫、どっしりと深く強い味わいがとてもおいしい、肴には硬いパンがよく合う。今夜は硬いパンを齧りクルミの実をほじりながら飲んだ。

七化継続

午前中は少しばかり業務へ取り組んで十時半の頃よりWindows7への移行する作業をはじめて、気分はかなりうんざりというかげんなり、導入する作業の始めに取り付けてあるDVDドライブを外して昨日に購入をしてきたDVDドライブを取り付ける、PCの側蓋を開けてみたら想定はしていたもののぎっしりと詰まった埃にがっかりして全身の力が抜ける、気を取り直し掃除機を持って来て窓を全開にして、埃払いのスプレーと掃除機で埃を払っていたら一時間も掛かってしまった、漸く少しばかりきれいになったので故障した装置を取り外して新しいものと交換、電源を投じてWindows7の起動盤を入れてみれば少しして青い導入画面が開かれた、矢張り前の装置は壊れていたようだ。

少しばかりの質問に答えてあとはしばらく構う必要が無い、その間に出掛けて歩いて十五分ほどの処にある中華そばの店で昼食にした、この店は中華そばの一杯が350円でとても安く普通にうまいので気に入っている、食後は田無の町までふらりふらりと歩いて行って、駅前の商業ビルへ這入り鮮魚店や青果店や精肉店や惣菜店を眺めた、鮮魚店ではめばちまぐろの柵が驚くほど高い、いつもなら同じ多さで四五百円程度なのに今日は二倍以上もする、小さな切れ端のような品でも八百円を超えてこれではとても手が出ない、しかし今日は刺身はよす事にして大好物の鶏の照り焼きを買うことにしていた、耶蘇教のまつりに合わせてどこでも照り焼きを廉価に出してくれるのが嬉しい、まつりに関わらずいつもこのように照り焼きを売ってくれると有難いけども、二十五日を過ぎるとたちまち姿を消してしまうのが残念。

照り焼きの1本とパンとサラダを買い求めてバスに乗って帰って来た、帰ってみたら次の質問が表示されていたのでそれに答えて登録番号を打鍵すれば基本的なところは出来上がる、Windows7のDVDを外して起動させるとWindows7が動き始めた、起動して始めにWindowsUpdateを実施しないといけない、これの手間と再起動を要求するのはXPの時代と何ら変わっていない、少しは改善を考えてもらいたいと思うところ傲慢なマ社は何ら変えようとはしないらしい、Updateだけで幾回も再起動を繰り返し数時間を要した。

ディスプレイドライバーについては我が家で用いている品がかなり古い(GF9600GT)ことから、マ社の盤に収められていた模様で最適なドライバーが適用されて画面も1920x1200で表示されるようになった、それから外付けUSBのハードディスクドライブが4台もあるので、一台ずつ順繰りに接続をしてドライブを割り当てることができた、次に印刷機のドライバーを導入しようと接続をしたら、これも古い機械な為かWindows7がが自動的にドライバーを探し出して設定をしてくれた。

最大の懸念事項でもあったPhotoshopLEの移行もインストーラーが動かないと云うだけのことなので、WindowsXPからコピーをしてきた実行モジュール群のフォルダを適当なドライブへ収めて、実行ファイルのショートカットを画面へ出しておけば動かすことが出来る、とは云え動かすまでに足らないDLLファイルが6個ばかりあって、それらをネットで検索しつつ集めなければならなかった。

そのほかにも問題は山積で元の通りに使えるようになるにはしばらく時間がかかりそう。

1.ドラッグ・ドロップができない
→UACの設定を低くすることで回避。セキュリティに問題があるらしい。

2.XPでデータとして使っていたドライブのすべてのファイルがReadOnlyとなってしまっていて、使うたびにプロパティを開きアクセス許可のレベルを設定しなければならない。

3.日本語入力が標準でローマ字となっていてかな入力へ変更するにはその度にalt-変換を押さねばならない。マ社は日本語を軽んじているのか(怒

4.USB接続としているハードディスクドライブの認識が遅い

まったくマ社にはいい加減にしてもらいたい、XPからさっさと移行しろと云うのに手間ばかり掛かってめんどくさい事この上に無い、ここまでで日が暮れてしまったので続きは明日とすることにしよう。

ところで我が家のPCは5年前に構築をしたものでプロセサにQ9450を用いている、メモリーは作業用のRAMDISKのために8GBを乗せていたのも幸いしてWindows7では64bitを活用できるようになった、しかし、32bitから64bitへの移行は16bit時代のときに32bitへ移行した時ほど嬉しいことは無いようなするのは気のせいか、或いはビデオ編集を動かしてみれば違いが判るのか知ら。

七化計画順延

朝から運が悪いと云うか碌な事が起きなくて朝の出来事が善くないとそれは夜まで続くと云う、仕方が無いものは仕方が無いと諦めざるべきか知ら。

目が覚めて時計を見たらすでに八時を過ぎている、慌てて飛び起きて土釜で飯を炊いたら底の方が真っ黒に焦げてしまい、飯も焦げ臭くてとても食べられる状態では無いけども、もったいないので白い部分だけを器へよそって生卵と醤油を掛けて食べた、さらにいっしょにこしらえた味噌汁がまったく味が無い、味噌を追加したらその分が塩辛くなるばかり、腹を立てて捨ててしまった、その後はコーヒーをこしらえようと豆を保管している瓶を取り出して蓋を開けたら手が滑って横転して豆のすべてが埃だらけの床へ散らばってしまった、昨日に買ったばかりの二百グラムのすべてが散らばった、これほど腹が立つことも無い、普段から掃除をしないからいけないと言われればそれまでだけども、ほこりまみれになった豆はもう使えない、怒りに震える手で豆をかき集めて捨てた。

それではインスタントのコーヒーが残っている筈と冷蔵庫から瓶を取り出してみたら、蓋が少し開いていて中身はすっかり湿気ってかちかちに固まってしまっている、これも使えないから水で流して捨てた。

コーヒーは諦めて昨日に届いたWindows7を導入することにした、そのために準備が要るのでいろいろと手順と段取りをこしらえた。

1.PhotoshopLEの実行モジュール群をコピー
2.SSDを換装
3.CDからWIndows7を起動して導入
4.ディスプレイドライバーを導入
5.アプリ類を入れなおす
6.PhotoshopLEを移行

さっそく導入を始めた処、我が家の法則である「使いたいときに使いたい道具は故障して動かない或いは行方不明」の原則に漏れずに、久しぶりに動かしたCD/DVDドライブが動かない、BIOSではATAPIのドライブとして出ているのに起動をしない、WindowsXPで起動しなおしてドライブを確認すると、「読み込めません」とエラーになる、どの盤を入れてもまったくに読み込めないから故障したらしい、外付けのUSBで繋ぐCD/DVDドライブは規格が古すぎてブートする事が出来ない、仕方が無いものは仕方が無い、吉祥寺の量販店まで買いに行くことにしよう、昼の頃に支度をして出掛けてバスに乗り吉祥寺の町へと行った。

吉祥寺の町へ来たのは失敗だったかもしれない、バスが吉祥寺の町へ近づくと道路が自動車で埋め尽くされて渋滞が酷く動かなくなった、五日市街道のバス停で降りてヨドバシカメラまで行ったら、店の前も大勢の人で中々に店内へ這入れない、しばらく並んでやっと這入ってPC関連の売り場へ行くと、そこは外の騒ぎとは打って変わって閑散としていた、しかし欲しい内臓のDVDドライブが僅かしか無く、価格も10,800円からと猛烈に高い、通販を探すと3000円ほどで手に這入る筈なのにこれはどうしたことか、店員に他に無いのか伺えばこれしか無いと云う。

諦めて店を出て昼食を食べることにして、どこにしようかと思ったけども、マクドナルドや回転寿司の店は外まで大行列、中華そばの店も行列、それでは富士そばにと思ったら、ここも待ち行列で券売機の前で店員が押し寄せる客を整理している、ランチはいかがですかと云うちらしをもらってみたら、イタリヤ料理の店でランチは三千円からで幾ら何でもそれは無理、駅前通りの富士そばへ行ってみたらこちらもいっぱい、諦めて少し待つことにして10分ほど待ってやっと席が空いたのでカレー南蛮の蕎麦を食べた、考えてみれば三連休の中日でしかも耶蘇教のまつりが近いから、大勢の人が出ても当たり前と言えば当たり前でそのような日に繁華街へのこのこと出掛ける自分が悪い。

昼食を食べながら思い切って秋葉原まで行くことを決めたので食後は駅へと行った、中央線の切符売場で運賃を眺めると秋葉原まで380円、新宿までは210円、それはおかしいと思う、新宿から秋葉原までは160円だから合わせて370円の筈、然しそれは前から知っていた事で特定運賃の設定がこの様な矛盾を生じさせている、新宿で降りて切符を買いなおすと10円が安いけども、その十円をけちる手間を掛けるならば京王電鉄で行くことにしよう、京王井電鉄では吉祥寺から新宿まで190円、少しばかり時間が掛かって乗り換えの手間はあるけども時間が迫っているわけでも無いから、井の頭線、京王線、中央線と乗り継いで秋葉原へ向かい三十円をけちってみた。

新宿の駅で京王線を降りて広場口の改札を出るとJRへの乗り換えが幾らからくにできる、JRの改札を這入って中央線の快速電車上りの乗り場である七番八番の乗り場を目指すと場所が判らない、新宿駅は工事中で行く度に形が変わって戸惑う、吉祥寺の駅も工事中で戸惑うけども、新宿駅の工事は私が高校生の頃がずっと絶え間なく続いてもう三十年を超える、何がどのようになるのが完成形なのかを知っている人が居たら教えて欲しいところ。

秋葉原へ着いたらいつも部品を買う店へ行った、売り場を探してみれば内臓のDVDドライブは選り取り碧、最も安い1900円の品を買い求めた、Windows7を導入するときに一度きりしか使わないのだからこれで充分に上等、せっかくの日曜日に秋葉原まで来たのだからジャンクショップを眺めて行くことにしよう、ジャンクショップを眺め歩くのは十年ぶり以上かもしれない、裏通りへ行くと道端に古部品や格安の品がずらりと並べられて、多くの人が品定めをしている、それは昔と変わらない光景で秋葉原らしくて少し楽しくなる、その店の合間に中華そばの店が幾つも出来ていて、かつては秋葉原で食事をしようと思ったら一と苦労をしたのが思い出される。

がらくたの類を眺めて愉しんでいたら三時を過ぎたので帰る事にして、電車を乗り継ぎ最寄りの駅まで帰って来た、バスプラへ寄って豆腐とにんにくを買って帰ってきたら、四時半を過ぎてぐったり草臥れてしまったのでWindows7の導入は明日へ延期することにしよう。

建築工事

我が家から駅へ行く途中にあった精米店が店を閉めてその後に建物も壊して更地としてしばらく経ていたけども、そこへ二階建てのアパートメントをこしらえると云う話しを洗濯屋のお神から伺った、その工事が先月辺りから始まったので、通り掛かるたびにその様子を眺めなるでも無く眺めたりしていた。

土台をこしらえるのはよそと変わらず同じで、テレビ番組で観るように石のようなもので地面を固めたら鉄筋と型枠を組み立て、コンクリを流し入れてそのまま数週間ほど放置されて、先週の月曜日にようやく型枠が外されたので、いよいよ柱を立てると思っていたら、一世帯分の「部屋」がすでに組み立てられたものが持ち込まれて、子供が遊ぶブロックの如くに一階と二階を組み立てたら出来上がり、内部には浴室や便所や流しや電気の配線やら配管の類もすでに組み込まれているし扉も見えたので、後は簡単な内装を仕上げるだけらしい、最近の建築工事は何んと簡単になったことかと思う、見た感じでは如何にも安普請な印象は拭えないけども、それで家賃が安いのであればすぐに入居者が現れそうに思う。

そばつゆを作る

そばが好きで三食がそばを毎日を続けても飽きないので、我ながらとは云え呆れた話し、と云う事は前にも幾度か書いたけども、然し蕎麦も外で食べると高くつくので自分でこしらえて食べるようにしている、近頃は袋入りの即席そばが売られるようになって掛けは簡単に食べられるようになった、然し盛りについては乾麺を茹で冷やして食べるのが手軽でおいしい、乾麺ではない生ま蕎麦型のものは必ず強い酸味料が這入っていて、そば湯が酸っぱくて飲めたものではない、乾麺の茹で湯は大変に塩辛いけども一と口二た口を味わう程度なら飲めなくもない、無塩型の乾麺も出回ってはいるものの価格が高く種類が少ないのでこれからいろいろ試してみたい。

処で盛り蕎麦とする時のそばつゆについては、濃縮のそばつゆを買い求めて水で伸ばして食べていたけども、それがどうにも物足りない、まずいとは言わないけども矢鱈と塩辛くて、伸ばす水を増やせば出汁の味が足らない、それでは出汁とかえしなぞ元からこしらえれば良いではないかと云う話しになると、そこまで手間をかけるならそば屋へと考える。

便利な時代になったもので、少しばかり検索をするだけでそばつゆのこしらえ方が出ていて、しかもとても簡単に出来る事が判ってさっそく試してみたところ、拍子抜けするほど簡単にしかもおいしいそばつゆをこしらえることが出来た、この程度の手間なら大したことはないので濃縮のつゆの元を使うのはよして、出汁からこしらえることにしようと思う。

参考にしたサイトには出ていないけども、甘いかえしを使わずに出汁を薄口醤油と酒と塩なぞで味付けをして掛けにすると田舎そばの風味を楽しめる、さらにこの強い出汁を用いて豆腐ときのこを煮て塩と酒と醤油なぞで味付けをしてとろろこぶや葱を載せてみたらたいへんおいしいものができた。

参考にしながらこしらえていたときに、こつと云うか注意することがあったので記しておきたい。

1.返しを加熱している時には突然に爆発をしたように吹く。この対策として小皿に醤油を少し用意して、膨れあがったらとっさに醤油を投入して火を止めるとこぼれない

2.出汁は中強火で10分以上を煮るので水が半分以下に減る。元の水が1リットルで掛け蕎麦の1.5人分程度になる。

参考サイト
http://www.geocities.jp/syori59/sobatuyu.html

忘れ物

今日は上州地方を訪問する日なので、池袋の駅から海岸列車に乗り込み内陸地方を目指している、そして出がけに何たることかiPadとノートPCのマウスを忘れてきてしまった、前回はノートPCの電源を忘れてしまって現地で往生する羽目になったし、何んでこうしてあれこれと忘れるのか我ながら忌々しいことこの上に無い、必ず何かしら忘れる癖があってそれは小学校の頃からで、以来大人になってもずっとその性癖は直らず出掛ける際には必ず何かしら忘れ、腹を立てて苛々する日々を送る羽目となり、幾度を繰り返しても治らないしかなり慎重に気を付けても忘れる。

そのような訳で今日は外出中のメールは出来ないし、車中での暇つぶしの検索も出来ない、当然ながらもしも列車が事故なぞで遅延をしたとしても、その原因を検索することは出来ないし待ち合わせの相手へ遅れる旨を知らせる手段も無い、携帯電話は電池が切れて掛ける事ができない、幸いな事に携帯電話は充電装置を持って来たので訪問先の電源を貸してもらい充電は出来るとは思うけども。

列車の中で腹を立て苛々していたけども、ノートPCを取り出して文章を書いている内に次第に冷静に落ち着いて来ると、それらの情報機器を持たない事にどれほどの不便があるのかを考え出した、思えば二十年以上も前はどこへ出掛けるにしてもタブレット端末は勿論の事、携帯電話ですら持ち歩かないのは至極に当たり前と云うか普通であったし、どこかで待ち合わせをする時にも遅れないよう行くのが当たり前で、十五分も待って来なければ放ったらかすし放ったらかされたと腹立ててもそれは遅れた方が悪いのであって、嫌であれば次回から時間の通りに行けば良いだけの話し。

この様な文章を列車内で書き記しているのも二十数年の昔には不可能な事であって、どうせならノートPCも忘れて来たら善かったような気がしないでもないと、時折に車窓風景なぞを眺めつつ考えている、それしてもノートPCのタッチパッドの忌々しさは、時折に我慢の限度を超えてPCを床や椅子の角へ叩き付けたくなる衝動に駆られる、何んとかならないものか。

気分転換

しばらく上州地方への訪問が無いと出不精になってしまって、さらに室内に閉じこもりきりになると気分が滅入ること甚だしい、どうしたものか考えて気分転換をすることにして、午前中のバスに乗って吉祥寺の町へ出掛けた。

吉祥寺の町に何にか用事がある訳でも無いので五日市街道でバスを降り、商店街をふらりふらりと歩いてみた、耶蘇教のまつりが近い事もあってそれを称える音楽が流されてそこら中は赤白や雪の飾りが並んでいる、そのままに商店街を駅まで突き抜けて駅の構内を通り抜けようとしたら、前に来た時と形が変わっていて通路がどこかわからない、吉祥寺の駅は工事中なので来る度に通路が変わって六つかしいことになっている。

ようやく通路を見つけて駅の反対側へ出て、その前にJRの駅へ来たついでにクレジットカードの得点をスイカの得点へ振り替える手続きをした処、およそ五千円分にもなって少しばかり嬉しい、これでバスを利用した額が一と月に千円を超えると更に次のバス代が百円だけ安くなる。

駅を出て丸井の脇を通って井の頭公園へ行ってみた、薄日が差してはいるもののかなりさむい、池に浮かぶ水鳥は寒くないのだろうかと思いつつ公園通りの方から駅を目指すと、昔からある旅館がそのまま残っていたり、焼き鳥屋が景気善く煙を上げて食欲をそそる臭いを撒き散らしている、思わず這入って焼き鳥とビールと考えたけども、財布が厳しいのでそれはよすことにした。

昼に近い時刻に出てきたのですぐに昼食の時間帯になったので、何を食べるか考えて然し財布が厳しいので安い店を探した、牛丼やバーガーの類は避けることにして富士そばへ這入って何にしようか眺めていたら中華そば390円を発見したので食べてみた、内容は価格にそれなりの品と云った処で中華そばなぞこの程度で充分と云えるものでもあった。醤油味でなるとにゆで玉子の半分、紙の如く薄い焼き豚にシナチクが載っている、最近のけばけばしく気持ちが悪く高価なラーメンの類を思い出す。

耶蘇教のまつりと云えば鶏肉の照り焼きで、これは大好物でもあって普段から食べたいと思うのになかなか売られていないのが残念、しかし今日は大きなものを250円で売っていたので、それを買い求めてクルミパンときゃべつも買い求めた、珍しく豆腐や貝割れや刺身ではない夕餉にしようと思う。

そのあと家電の量販店へ行き最新型のデジタルカメラを眺めたり触れたり、裏路地の青果店で殻つきの胡桃を探してみたりした、その路地裏の有名なメンチカツの店と羊羹の店は相変わらず大行列が出来ている、その向かいに乾物店があるのでそこで味噌汁へ入れる干し若布の小さな袋を一とつ買い求めた、さらに東急百貨店の方まで行くと駅前へ戻るのがめんどくさいのでそれはよして、ダイヤ商店街を再び駅まで戻って三時過ぎのバスに乗って帰って来た。

帰宅してから再び業務に取り組んで日が暮れて七時の少し過ぎに業務は仕舞いとして、湯浴びの後にパンと鶏もも肉の照り焼き、それにキャベツを刻んだもので夕食を始めた、酒は財布が厳しいので最安の焼酎に最安の果汁を少し入れて水道水で薄めたもの、東京都の水道は品質が善くなって冷蔵庫へ入れ一と晩を冷やすとそれなりにおいしく飲める。

処で鶏もも肉の照り焼きは味付けがとても善いのに矢鱈と塩辛いのが残念、もっと味付けを薄めにしてもらうと良いのだけども。

袋入りの即席めん

袋入りの即席めんは手軽に食べることが出来るし安いので時折に調理して食べている、特に即席中華そばでは5個で189円で手に入るアカギラーメンがお気に入り、バスプラ西友で買うことが出来て大手メーカーの5個398円のものと味わいに大差は無いしそれで200円も安いのなら尚更に善い、然しそのアカギラーメンが売り場から姿を消してしまって手に入らなくなってしまった。

袋入りの即席めんには蕎麦も出回るようになって、中華そばよりもこちらの方を買い求める機会が多くなった、蕎麦が好きで蕎麦ばかりを食べているけども、さむい季節の朝には熱い掛けの蕎麦を食べたい、然し我が家の近隣に立ち食いのような安くてうまいなぞ気の効いた店がある筈も無く、市役所の食堂及び並びのそば屋は昼からでないと開かない、そこで自宅で調理することになる。

乾麺の蕎麦から掛け蕎麦をこしらえるのはかなり面倒で、茹で上がりを規定の時間より1分ほど早めに引き上げ、水で完全に冷やし再び加熱してから丼へ入れないと腰が砕けた蕎麦になってしまい箸で掴むことさえできない、つゆも別の鍋でこしらえる、朝からこのような手間隙を掛けるのは大変に面倒でもあし準備も後片付けもめんどくさい、そこで「ゆで麺」を用いてみたけども、湯通しだけで良いのは手間が一とつ省けるとして甚だしくうまくない、冷凍麺はもう少しうまいけども保管に手間がかかるし温めるのがかなり大変。

スーパー店の売り場で袋入りの即席蕎麦をみつけたときは思わず「これだ」と叫んでしまいそうになった、作り方は簡単で即席中華そばとまったく同じ、鍋に規定量の水を沸かして麺を入れて三分を煮たらつゆを入れて混ぜて丼へ移せできあがり、生玉子で月見にしたり、かまぼこ片や薬味や七味を添えて食べればそこそこにうまい、乾麺のように冷やして再加熱をしなくとも腰が砕けていない、難点はつゆがかなり残念なところで、こればかりはにんべんなぞの濃縮つゆの方がかなりましなのでつゆ無しの麺だけを売ってくれないかと思う。

新しい鍵盤

今日も上州地方を訪問する事になったので朝から支度をして出掛けた、池袋の駅から上州地方へ向かう列車へ乗車して冷たいコーヒーをすすりつつ凡やりと車窓風景を眺めていたものの、決定的に飽きてしまったのでノートPCを取り出して日記を書きはじめることにした、膝の上へ鞄を置きその上へPCを置き鍵盤をかちゃかちゃと打ち始めたると、揺れる列車の所為で打ち損じてしまい勝ち、しかもタッチパッドに勝手に指が触れてすぐにカーソルがあさっての方向へ飛んでしまう、いらいらしても仕方が無いものは仕方が無いし、そもそもノート型PCの鍵盤のちゃちさはどうにかならないものか、業務ではその鍵盤が使い物にならないので打ち込みが深い鍵盤を別に繋いで用いている。

今まで使っていた外付けの鍵盤は今の仕事が決まった際に慌て買ったもので、池袋の量販店にてマウスと合わせて980円で買い求めたもの、従って安普請なのは否めないけどもノートPC本体の鍵盤よりは幾倍も益しなのでそんなものかと気にも留めずに使っていた、もちろん無線なぞ気の利いた仕組みは無いから、鍵盤とマウスの長いUSBのコードと電源のコードをごちゃごちゃさせながら、「我が国のハイテクノロジーも電源線の一本も無くせないのはたいしたことはない」なぞと思いつつ自分を思い込ませて使い続けていたら、鍵盤が断線をした模様で反応をしなくなってしまって、それはとても困ったことになった。

幸いな事に我が家は最寄りのバス停からバスに乗れば二十分ほどで吉祥寺の町へ行くことが出来て、さらに吉祥寺には大手の家電量販店もありPC関係の用品がとても充実をしている、さっそく買い求めに行くことにしよう、ということで支度をして出掛けてバスに乗り量販店へ行った。

鍵盤の売り場へ行くと幾十種類もの鍵盤がずらりと並び試し打ちが出来るように設えられているので、良さそうな品を順に試して、あれでもないこれども無いなぞと、様々な仕様と価格の商品を行き来している内に、自分は何が欲しいのかを見失ってしまった、選択肢が多過ぎるのも考えものであるななぞと、前にも同じような事を思ったような気がしないでもない、一旦に店を辞して店の前で自販機で買った冷たいミカンジュースなぞを飲みつつ気を取り直して売り場へ再度挑み、漸く良さそうな品を見つけて買い求めた、鍵盤とマウスがセットになっていて受信機が一個で済む、さらに鍵盤の打ち込みも今までに用いていた安普請の鍵盤よりはずっと善い。

代金の三千円を支払って店を辞して、せっかく吉祥寺へ来たのだからと中華そば店へ行きわんたんめんを食べたら、味覚が痺れて前頭葉から緑色の光線発しそうになった、それからバスプラ西友で食料品を買い求めてからバスに乗って帰って来た、そのような訳で今朝から味覚がおかしくて朝食を食べたら味覚が薄い。

処で、ずらりと並んだ鍵盤を試してみたところで、最も良かったものがHHKのもので価格はおよそ二万数千円、次に富士通の品と「黒軸」と称する品でいずれも一万二千円、どちらにしてとて手が出る価格では無いし、買い求めた品との違いは僅かでしかないから三千円の鍵盤でいいことにしようと思う、然しそれらの鍵盤も私が理想とする打ち心地とはずいぶんと違っていて、ピアノのような硬さ強さと弾力が欲しいところ。

列車内でとりとめもなく書き留めていたら、列車にてPCを打鍵する話しから外づけを買いに行く話しへ飛躍してしまったけども、それも列車内と云う非日常的な空間と恨み辛むほどに使いづらいノートPCの鍵盤及び外付けの鍵盤が壊れてしまった結果が為した業でもある。

江戸印

麻のずぼんが股間の辺りからびりびりと破れ始めたら、それは次に穿く際にはいきなり広がって穴と云うよりもずぼんとしての体裁を失ってしまった、普段着のずぼんは4本を持っていたけども、それが先月より次々に破れてついに3本目が駄目になってしまって残りは1本になった、それもあやしいし心もとないので新たに買い求めることにした。

破けてしまったものは安価で有名なU店のもので、毎日を穿かないにも関わらず2年でだめになってしまったけども、それもその筈で1本が千円と少しの価格に裾を上げる工賃まで含まれていたので、2年と少しを穿けたのであれば長持ちをした方かもしれない。

新しく買ったずぼんはおよそ八千円を投じた、有名な社の品なのできっと長持ちをすることと思う、二十代の頃はこの社の品を気に入って善く穿いていて長持ちをしていたのを覚えている、しかしこの社は経営がうまくないと伝えられていて少しく心配でもある、とは云え矢張り履き心地は安い品とは丸で違うので、来月或いは再来月になって財布に余裕があれば更に買い足したい。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。