スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い季節の到来

五月の末から急に真夏のようなことになったと思っていたら、その後はずっと雨降りが続いてじめじめとした毎日に、少し油断をするとそこら中がかびてしまいそうで落ちつけない、そう思っていたら今日は朝から晴れて湿気も高くて真夏の暑さに近いようなことになった、暑いのが苦手で毎日のように暑い暑いを念仏のように唱えたところで涼しくならないのは、仕方が無いものは仕方が無いと諦める以外にないけども、暑い真夏にはそれでも洗い物が便利になると云う善いこともある。

我が家は集合住宅なので、水道は一階の集中水槽へ貯めてから屋上の第二水槽へ移されそこから配水されるので、暑い日は水温が30℃を超えることも珍しくは無い、そのような訳で台所の洗い物をするのにいちいち給湯器で湯をこしらえる必要が無いのでガス代が浮いて助かるし、水と少しばかりの洗剤でだけで脂汚れもきれいとれる。

洗濯をするにしても、皮脂の汚れは体温程度の湯を用いないと中々に落ちないけども、夏は水温が高いので湯の量も少なくて済むし、ゆすぎの水温が高いからきれいに洗い流すこともできる、さらに直射日光が燦燦と差し込むベランダへ洗い物を干し並べる際には、竿の位置を低くして洗い物をベランダの床へ近づけて干し並べれば、日が高くなってもいつまでも日が当たるし、床のコンクリへ反射した熱が洗濯物を過熱するから、特に乾きづらい麻のずぼんでも二時間と掛からずに乾いてしまう。

昼間の日が高い内に買い物へ出掛けて帰ってくると頭から凄まじい汗が出ていつまでも止まらない、今までは汗を拭きつつ扇風機の風に当たりながら、暑い厚いを念仏の如くに唱えながら苛々の原因でもあったけども、今は浴室で水浴びをすることにしている、それも首の後ろから頭だけに水を被りて数分ほどを冷やすと、とても爽快な気分になって汗が早く止まる、乏しい毛髪を乾かすのに扇風機の風に当てればさらに爽やかな気分にもなる、とは言え、矢張り室温が32℃33℃を超えたら空調装置を点けようとは思う、せっかく新しい装置があるのだから使わないともったいない、とりあえず今日はまだ29℃であるし、上階の所為か窓を全開にすると風が通って幾らか涼しい、目の前の電線に止まってしきりに鳴くキジバトがうるさい。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。