スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

効率一点張り

某ビル会社が都内のあちらこちらに大きな建物をいっぱいこしらえている、そのビル会社の社長は小さな鉛筆の如くな建物であるとか下町の風情を残す町並みの存在が何が何でも許せず、すべて四角四面な効率一点張りの建物を建て地面はコンクリでかっちり固めないと気が済まないのだと云う、そうして都内は巨大なビルがたくさん立ち並んで、他のビル会社でもそれを真似て味も素っ気も無い建物ばかりになったから、どこを眺めても振り向いても見える風景は同じ様、まさしく四角四面な風景になっている。

そのような町や地域に烏森であるとか小石川であるとかの地名はまったくに無意味で、地域の端から順番に数字だけ付けてみたら如何かと思う、東京都は北から順に13番目の都道府県であるから、十三県一区一町一丁目一番地一号。手紙を差し出す際には13-1-1-1-1、簡単でとても良い、ついでにビル会社社長の氏名も番号にしてみたら如何か、栄光ある一番を授けることにして手紙の宛先は、13-1-1-1-1、1-1様。簡単明瞭なことこの上無くもっとも効率が良く効率一点張りが信条で強欲な社長氏には相応しい。
スポンサーサイト

近況

さて、毎日のように仕事へ出掛けては業務に当たって日が暮れ始めたら職場を辞して帰ってくる毎日が再び始まった、毎朝毎夕の気が違ったかのような電車の混雑は如何なものかと以前からずっと思っていて、然し今はお盆の季節に這入った所為か幾らか人が少ないように感じる。

朝は八時五十分の始業に間に合うように行かなければならず、遅刻に厳しい職場でもあるから、電車の遅延を勘案し始業の一時間前には着くよう自宅を出るようにしている、今度の職場は久しぶりに巨大な企業のオフィスでもあることから、厚生関係の設備も充実をしていて大きな喫茶室兼休憩室が用意されている、そこはその建物に勤務する者は誰でも二十四時間いつでも利用をする事が出来る、さらに嬉しい事に朝は薫り高くおいしいコーヒーを百円で頂くことができる、企業の厚生設備のコーヒーなぞおざなりになり勝ちであるけれど、ここはこだわりでもあるのか知ら、そのようなわけで始業まではそこで過ごすことにしているしその間に滝のように流れ落ちる汗も落ち着いてくる。

朝の六時十分には出掛けるのでついでに二十四時間営業のバスプラ西友へ寄って、朝食のお結びの二個を買い求めていて二個で140円はとても助かるし、賞味時間が近い品があればさらに一割引きで二個を125円で買い求めることが出来る、とにかく今は予算が極めて乏しいからコーヒーとおむすびで225円で済ませられるのは夢のような話しでもある。

昼食は構内の職員食堂を利用することが出来る、尤も外へ出た処で周囲には飲食店もコンビニエンスすら無い住宅街、近隣にはそば屋の一軒があるほかは夕方にならないと開かない食堂ばかり、何処へ行くのでも何を出来るものでもないから昼は構内で過ごす以外には無い、定食が400円500円で頂けるのは嬉しい話ではあるけども掛け蕎麦が300円とはかなり高い、内容的には駅の立ち食いにやや劣る程度なのでそこはもう少し何んとかしてもらいたいと思う、前に山の麓へ通っていたときの職員用食堂では賭け蕎麦が120円でほぼ同じ内容の品が出されていた。

業務を仕舞いにして左様ならと挨拶をしてから職場を辞して、さて帰ろうと外へ出てバス停へ行くとずらりと数十人もの人々が並んでバスを待っている、バスは一ニ分毎に次々に遣って来るものの、他にもオフィスビルがあるらしくて遣って来るバスはどれも大入り満員、並んでいる人は数名しか乗る事が出来ない、時折に車庫から始発のバスがからっぽで遣って来ると一斉に乗り込める、そうして駅へ向けて発車すると次のバス停にも会社帰りの人がずらりと並んで待っていて、数えてみたら60人ほどが待っているから当たり前だけども全員は乗れない、これほどの輸送密度はバスではもう無理ではないかと思うし、さっさと地下鉄をこしらえるか或いは幕張のような二両連結のバスを導入してもらいたい。

帰宅をする前に再びバスプラへ寄って夕餉の食料品を買い求めるけども、極限まで切り詰めなければならないのでエビスなぞのような超高級品は到底無理、飲み物は自宅で特別に安い焼酎を水道水で薄めて水道水でこしらえた氷を投入、梅干の汁を数滴垂らして風味を着けて飲んでいる、お金が無いのに酒だけは飲むのか贅沢者めと言われたら返答には窮するけども。肴は46円の豆腐と95円の五割引サラダ、買うのはそれだけとしてあとは飯を炊いて玉子を焼いて足らない分を補う。

何んだか毎日が安物ばかりしか買えないとなると、気分も次第に悲しくなってきて泣けてくるし気分も落ち込む、と思いきや慣れたらこんなものかとも思う、今まで何んたる贅沢をしていたのかと反省をする善い機会でもある、毎日の通勤で読む本も古書店へ入ってみたら、小説の文庫は何んと十円から売られている、これは少しく楽しみが見つかったように思う。

気がつけば葉月

さて、久しぶりに日記を更新しようと思ったらすでに月が進んで八月葉月になっていた、そして今月より再び勤めへ出ることになったので、朝も早くから支度をして出掛けて日が暮れた頃には帰ってこられているけども、早く帰られるのは今の内か知ら。

今度の職場はある駅からバスに乗り七八分ほどの処で距離にしておよそ二キロメートル弱だから、歩けない距離ではないけども、途中にとても深い谷があるので急な長い坂道を降りて再び登らねばならず、さながら山歩きの様相を呈することになるし、今の季節は暑くて汗だくになって仕事どころではない、幸いに新しい社の社長がバス代を出してくれることになった。

そのバスは恐ろしいことになっていて、初日は駅から乗ろうとして大変に驚いた、時刻表には明確な時刻は記されずに朝の七時代から夜の十時頃まで2~3分毎とだけ書かれている、朝の乗り場には大勢の人が長い列をこしらえて待ち、バスが着くと前扉と中扉の両方から乗せてしまう、中扉の前には係員がIC券の端末を持ち立っていてそれで運賃を支払い現金はその脇の箱へ投じるようになっている、乗客がおおむね満員になるとバスは扉を閉じて発車、次のバスとその次のバスは後ろで待機しているから、次々に遣って来ては満員の客を乗せて次々に発車して行く、それは駅から職場の方面だけではなくて駅へ次々と間断なく到着するバスにもぎっしりと人々が乗って来る、この路線の沿線にはどれほど大勢の人が住んでいるのかとも思うし、そこまで多いなら地下鉄でもこしらえた方が良いのではないかとも思う。

似たような場面を千葉県の幕張本郷駅でも見ることが出来て、こちらは輸送力不足から二両連結のバスまで導入をして幕張本郷から海浜幕張地域への通勤輸送を担っている、違う処はぎっしり混雑をしているのは片方向だけで帰りのバスはほぼからっぽで戻って来る。

省みて我が家の前を走る西武バスは一時間にニ三本、それでも我が町の路線にしては本数は多い方と言える、歩いて二十分ほどの実家の前から三鷹の駅へ行くバスは一日三本にまで減便をされてしまったので使えなくなってしまった。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。