スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最大の不満

毎日何にがもっとも不満かと言えば勤務時間の長さに尽きる、朝は五時半には起きて六時の少し前には出掛けて帰って来るのは二十三時の頃、土曜日も昼前には出掛けて帰宅するのは矢張り二十三時の頃で、唯一の休みでもある日曜日は二週に一度はクリニックへ行かねばならず、そのクリニックは予約をして行ってもその時間に診てもらえたためしがない、最低でも二時間は待たされて前回なぞ十時に予約をして行ってみたら待合室は座る席が無いどころが這入れなくて外で待つ羽目になって、名前を呼ばれて診察されたのが三時半の頃、そのあと処方箋を持ち薬局へ行き長々と待たされて出たのは四時半も過ぎていた、貴重な日曜日の休みはこのようにして潰される。

何にか欲しいものがあるかを考えたとき、今はもう何にもかもをあきらめているので「欲しいものは何んにも無いことにしよう」と思い込むことにしてそれでいいことにしている、実は欲しいものは幾つかある、その一とつが写真機で鏡が無い小型のもので、レンズを取り換えられるものが欲しい、もう一とつは鉄道模型の電車、旧国鉄の151系特急車が欲しい、懐具合はだいぶ改善されたので少しばかり無理をすれば買えない額ではない、それではなぜ何にもかもをもあきらめてしまっているかと云うと、それを手に入れた処で写真を撮り歩ける日はどこにあるのか、鉄道模型を手に入れて走らせて遊ぶ時間はどこにあるのか、そう思ったら手に入れても無意味なので買うのはよすことにしてそれでいいことにしている、と云う処にある。買うにしても店へ行く時間が無いし通販は受け取れる時間が無い、コンビニエンス受け取りを試してみたけれども、手続きが面倒で八釜しく受け取り用の証書が発行されるのに二三日掛かったりしてうんざりしたのでこれも使えない。

今の職場は誰もが知る大手の電機会社が仕切る開発案件で全体で幾百人もが関わっている、勤務時間の基本は朝の八時半から午後の五時半まで、しかし五時半になって帰る支度をして帰るひとはまったくいなくて、九時も過ぎてからようやくぱらぱらと帰り始める、手持ちの業務が溢れているので朝も七時半には職場へ着いて始めることにして七時半に着いてみたら、もう半分の人は来ていて業務を始めている、管理職なぞほぼ全員が揃っていて「何を今頃のこのこと来たのか」という雰囲気を漂わす、夜は建物を管理する都合で二十二時には全員が退出することになているはずなのに、二十二時に帰る頃にはまだ半分は残っているし管理職なぞはほぼ全員がまだ居る、彼らはいつ休み眠るのであろうか、いつだったかその管理職の一人の定期券を目にしてかなりの遠くから通っているのに驚いたことがある、さらに彼らは土曜日曜もほとんど休めていない。ずっと昔のドリフターズのコントを思い出してしまう、遠くの郊外にマイホームを持った夫婦(妻が仲本、亭主がいかりや)、亭主は午前三時に帰宅して入浴夕食の後に五分ほど眠り四時には出掛ける、亭主は遠くて辛いと云うと妻は「せっかくのあこがれのマイホームよ」と笑って亭主を送り出す、それを繰り返していたある日、亭主が棺桶に這入って帰って来たと云う小話し。

ソフトウェア開発の現場はどこでも長時間の残業が当たり前のように発生をしているけれども、どこでも長くとも二か月ほど続けば一と段落があったり、要員体制を変えたりして負荷が減るものだけれども、今の処のように半年も休まず続くと云う処は珍しい、とりあえずあまりにもあんまりなので、自社の社長へ訴えてみたら「なぜもっと早く言わないか、そんなばかなところやめましょう」と云う話になったので、早ければ二月末で派遣先が変わる可能性が出て来たから、少しばかり朗報と言える。
スポンサーサイト

二年毎の呪い

そこら中の言葉や単語や標語に英語が溢れていて、英語が嫌いで判らないからいつもいらいらさせられる、ガバメントだとかコンプライアンスだとかインテンシブだとか、カバがガハハと笑ったり金平糖を買ってみたり、陰天渋なぞ何がこそこそ隠れて渋いのかとも思う、このような馬鹿愚かな事を始めたのは石原新太郎辺りらしい、あの年代は英語やアルファベットに対して相当な劣等感があるらしくて、石原氏と同じような世代でJR九州の鉄道車両をデザインしている水戸岡鋭治氏なぞはその極み、電車へ趣味の悪い色を塗りたくりアルファベットと数字をずらずら書き連ねて「デザインでござい」なぞ、どれだけ英語に劣等感があるのかとも思う。

そのような訳で今日の日記は可能な限り日本語で書いてみたいと思う。

今まで使っていた持ち歩き端末には禿社長と白犬の呪いが掛けられていて、それは二年毎に一か月だけ呪いが解かれる、そうして二回目の呪いが解けて、その期間が先月の末頃から一月の二十日までとなっているので、機種も古いし性能が極めて悪いから新しく買い求めて通信回線も禿社長と白犬社はよすことにした。

持ち歩き式の板状端末には有力なものとしてア式、イ式、ウ式の三種類があって、世間はおおむね前者の二方式が主流となっている、私のはイ式であったから次もイ式を買うことにした、然し業務が馬鹿愚かに遅くまで残業をさせられるし休日はぐったりして出掛けるのもめんどくさい、そのように思っていればいつまでたっても手に這入らないから、ある日の八時半につべこべ言われるのを振り切って職場を辞して渋谷の林檎店へと急ぎ閉店間際の午後九時の少し前に店へ着いた。

最新型はイ式板型端末空気二号、店は不思議な事に勘定場や受付のような卓が見当たらない、店内は均等に商品が並び店員が客の対応をしている、それで空気二号が欲しいと告げると小さな端末を取り出し要望を入力、少しすると奥の扉が開かれて他の店員がその品を持って来てくれて、代金を付け払いにしてもらうと硬券をその小さな端末で読み取り、机の下から明細の書き付けと領収書がするすると出て来た、他の家電販売店とは様子が随分と違ってそれがお洒落なのだろうか、田舎者の私には戸惑うばかり。

通信回線は格安の一と月が九百円の契約とすることにして、家電量販店へ行き小さな欠片を買い求めた、帰宅してから案内に従い支払方法や住所氏名の登録をして、その欠片を空気二号へ押し込みあれこれ登録をすると、その場ですぐに使えるようになった、通信自体は元国営通信社の回線を用いるようである、但し安い代わりに通信できる量が月間でおよそ二十一億文字分に制限されている。

今まで使っていたものがイ式板型端末の初号機であったから、新しい空気二号の動作や速さには驚くばかり、今まで初号機の性能の悪さには叩きつけて壊したらどれだけ胸のつかえがすっとするかと幾度も思ったことかと思う、翌週には禿社長と白犬社の営業店へ行き解約の手続きをしてきた、ついでに白犬社専属となっている端末の制約を解除してもらいたいと申し入れたが出来ないと言う、そんな筈は無いからとにかく解除してもらいたい、でないと他の通信が使えないと粘り食い下がったものの、その店の責任者とかいう小僧が出てきてえらそうに出来ないものは出来ないと言うので、めんどくさくなったので引き下がって帰って来た、禿社長と白犬社とは金輪際、関わらないようにしたい。

ちなみにア式はメーカーが百花繚乱の状態で、無量大数社の基本的な仕組みが用いられている、ウ式は微型衣社製で、こしらえてるメーカーが同社一社のみであまり広まってはいないもよう。

新年早々

しばらく列車に乗る旅へ出ていないのでぜひとも行きたいと思う、多くの人々は列車に乗るのは移動をするための手段でしかないわけで、それは当たり前の話しで私のような列車に乗るのが目的と云う気が違っている方がおかしいと云うことは重々に承知をしている。

ところで旅行と云う話しになると、何処へ行くにしてもより速くより効果的に乗り継ぎは徹底的に短く目的地へ辿り着き、着いたら着いたであれ見てこれ見てあれ食べてこれ食べてあれ買ってこれ買って。場合によっては温泉にあれこれ浸かって。一と晩を過ごしたら翌日は徹底的に効果的により速く素早く帰って来る。そんなに速く出掛けて速く帰ってきたいのであれば、どこへも行かずに自宅でじっと静かにしているのが善い、何もしないでじっとしているほど効果的で効率的な事は無い。

そのような訳で私はヘソ曲がりだから、効果的ではなく素早く無く自宅でじっと静かにしているのとは正反対に面倒な事をしつつ、然し他人には迷惑を掛けずに厳かかつ静かにすました態度で列車ほか乗り物を乗り継ぎ、無為に楽しんでこようと思う、それでずいぶんと草臥れて帰ってくることだろうとも思う。

長々と文章を書くのも大変なので写真で紹介をしたい。

最寄りの駅
寒いと思ったら
寒暖計は氷点下四度
01.jpg

いつもは通勤通学の人でいっぱいの時間帯なのに
正月二日目はさすがに閑古鳥が鳴く
02.jpg

池袋行きの準急電車の車内も素寒貧
03.jpg

4
池袋で山手線へ乗り換え
やはり人はまばら
04.jpg

5
東京駅へ着いたのが7時半の頃
朝食に立ち食い蕎麦店を探したら
東京駅の立食店はすべてJR東日本が追い出したとの由
JR東海側に一軒だけあると聞いて発見、さっそくたぬきそば
何んと800円!
不味いとは言わないが京都式の薄口の出汁に薄い塩味の汁
「京都の料理は素材を生かすために云々は、京都人ケチンボだから塩もお出汁も醤油もモッタイナイだけよ」と云う京都のおばの言葉を思い出す
このような京都のお出汁は京都で食べたいので、ここは江戸東京、しっかりみみっちくない濃厚な返しと出汁を使ってもらいたい
05.jpg

6
快速千葉行きに乗車
青春18切符ではあるけど
みみっちくしないで二等車・・・もとい緑車に乗る
06.jpg

7
乗車するとすぐに発車、しかし地下なので外はコンクリの壁
乗り心地は良く、西武線の特急のようにコーヒーがこぼれる心配をしなくて良い
07.jpg

8
外へ出て錦糸町に停車
空樹の塔
08.jpg

9
市川の付近から千葉に掛けては松林が多く観られる
この風景を眺めると総武線に乗っているという気分になる
09.jpg

10
津田沼に停車
乗り場と高架を繋ぐ柱の鉄骨
ねじを取り付ける穴が幾つも残っているが、まだこれから組み立てるのだろうか
10.jpg

11
千葉へ到着
11.jpg


12
内房線へ乗り換える
隣に止まっている黄色の電車は三鷹行き
これに乗り座って二時間近くを過ごすと我が家へ帰ることが出来る
12.jpg

13
四人掛け向かい合わせの絶壁型の座席が少しだけ用意されている
しかも窓辺には飲み物を置く小卓が用意されている
13.jpg

14
蘇我へ到着
京葉線のピンクな電車
蘇我と云えば聖徳太子の時代に勢力を示していた蘇我氏を思い出す
千葉の蘇我地域も縁があると聞いたことがある
14.jpg

15
沿線は工場と線路敷の境目が続く
何も無いところに松の木が植えられているのか元々生えていたのかはわからない
15.jpg

16
正月二日でも工場は操業をしている
長浦駅
16.jpg

17
袖ヶ浦に停車
富士山が見える
17.jpg

18
十年前にもこの付近へ来たことがあるけども、当時は広大な空き地が広がっていてこの敷地をどうするのだろうと思っていた
ようやく開発が始まったらしい
18.jpg

19
木更津へ到着
各駅停車なので中々捗らないし木更津では6分停車
実は車内を撮影できなかったけども、ぎっしり身動きが出来ないほど混雑をしている。
4両編成なぞけちけちしないで二倍の8両を繋いでもらいたい
19.jpg

20
君津を出ると単線になる
この写真ではよく判らないけども、水田の水はカチカチに凍り付いている
20.jpg

21
怪しい大仏か観音か
21.jpg

22
寒そうな木造の待合室
22.jpg

23
海の向こうに富士山が見える
23.jpg

24
曲線が多く列車の速度は上がらないけども、自動車よりはずっと速く次々に追い越す
24.jpg

26
浜金谷へ到着
上り列車と交換
26.jpg

27
乗って来た列車を見送る
27.jpg

28
浜金谷駅
28.jpg

29
列車を降りた人々が鋸山索道線の乗り場へ向かう
自分もふらりふらりと歩いて向かう
29.jpg

30
みかんではないかんきつ類の何か
30.jpg

31
壁の上にきつねとかふくろうとかの置物
31.jpg

32
沖縄的な何か
32.jpg

33
索道乗り場の駐車場は満車
第二駐車場へと書かれているけども、第二も満車であった
自動車には縁が無いことから心の中で「むっふっふっ」と無意味な優越感に浸る
33.jpg

34
索道の駅
34.jpg

35
駅の内部は切符を買い求める人々で混雑している
35.jpg

36
今時珍しい硬い切符
回収されないので持って帰れる
36.jpg

37
これから乗る箱
37.jpg

38
およそ4分で山頂へ
38.jpg

39
山頂駅構内
古びたゲーム機
39.jpg

40
右下は金谷の町と港
海の向こうに富士山が見える
40.jpg

41
館山方面の風景
41.jpg

42
第二駐車場
無意味に広い
雪が降ったらしい
42.jpg

43
日本中どこへ行ってもどんなイナカやへき地へ行っても
立派な自動車道だけは整備されている
赤字ローカル鉄道要らないのではないか?
43.jpg

44
関東の富士百選の碑と富士山
44.jpg

45
手前の海は東京湾
陸地は三浦半島
その向こうの海は相模湾
その向こうの陸地は小田原や箱根の辺り
その向こうに富士山
45.jpg

46
索道の頂上駅から徒歩1時間ほどでこの石仏を拝める
寒いしめんどくさいし足元は雪と水でぬかるんでいるので省略
46.jpg

47
前出と同じ
47.jpg

48
さて、降りることにしよう
薄暗い改札口で数分を待つ
48.jpg

49
下りの箱
49.jpg

50
下る途中に見つけた、森の中にぽつねんとある一軒家
何の家だろうか
別荘だろうか
50.jpg

51
金谷の漁港からも富士山がよく見える
51.jpg

52
金谷の海水浴場
真冬だから誰もいない、と思っていたら波乗りを楽しむ人立ちが居た
観てるだけで寒くて凍える
52.jpg

53
金谷港は左ですかそうですか
53.jpg

54
港前の観光食堂は鈴なりの人々、内部の土産物店も人でぎっしり
当然食堂も待ち時間はおよそ60分
待てないので通過
54.jpg

55
船の乗り場、つまり波止場
電車で云えば駅か停留所か
55.jpg

56
先ほどと同じような観光食堂を波止場の構内に発見
56.jpg

57
ビールと刺身の盛り合わせを注文
しかしこれが大失敗
うまかったのは左下の鯛ときゅうりであった
他はすべて冷凍を解かしたものばかり
スーパーで格安に買えるものばかり
考えてみればそれも当たり前で
正月二日は漁師と市場も正月休みの筈で、新鮮な魚を仕入れられるはずが無い
57.jpg

58
衝立の隣へ目をやると
団体ご一行様向けの昼食が準備されていた
鍋物やら刺身やら煮物やらすでに並べられていて、客が来る頃には熱いものは冷めて冷たいものはぬるく或いは乾いていることかと思う
58.jpg

59
次の連絡船が出るまで45分ほどあるので、波止場前の海辺へ行ってみた
波が次々に打ち寄せてざばっと音を立てる
59.jpg

60
土産物店に並ぶ瓶詰の数々
60.jpg

61
さらに瓶詰の数々
何れも原材料の表示を見ると、試食する価値すら無いので回れ右をして見せを出た
61.jpg

62
およそ30分前には折り返しの船が到着
電車と違って波止場へ着いたら、即時に扉を開いて乗客を乗せて降ろして、というわけには行かない
だいぶ時間を掛けてゆっくりソッと岸壁へ近づき縄で固定をしたら、建物と船を繋ぐ橋を掛けて乗降をする
62.jpg

63
ほとんどの人は自動車で乗り込む
徒歩で来たひとはこの改札から乗り込む
63.jpg

64
切符は自販機で買う
電車の切符とまったく同じもの
64.jpg

65
接岸して橋を渡したところ
65.jpg

66
乗り込んで中央客室の売店へ行く
生ビールとイワシのツミレを揚げたイワシバーグという品を買う
66.jpg

67
一等二等なぞの等級が無い船なので、席は選り取り碧、好きな処へ座って良い
67.jpg

68
席も色々用意されている
68.jpg

69
屋上の青天井の席
しかし猛烈に寒くてここに居るのは無理w
69.jpg

70
窓際に空席を見つけて座る
イワシ揚げを齧りビールを飲んでいる内に出航
しかし・・・
イワシもビールもうまくて結構だけども、船室内は猛烈に暑い
暖房が強すぎて汗が出始める
70.jpg

71
ビールを飲み終えて後部甲板へ出て去りゆく風景を眺める
さきほど寒くて歯の根も合わなかったのに
冷たい風が心地よい
71.jpg

72
船がこしらえる波を眺めつつ
外洋とは海の色が矢張り違うものだと思う
二十代の頃は、離島が好きで客船に乗りよく出掛けたのを思い出す
外洋へ出て、特に黒潮へ出ると海の色は文字通り深黒に近い深い藍色になる
その水をすくいとりペンで手紙を書けるのではないかと
そのような事を考えていたのを久しぶりに思い出した
残念ながらここの水は公園の青みどのまみれの汚い水に近い
72.jpg

73
善い天気
73.jpg

74
いっぱい出ている小さな船は漁船ではなく遊漁船
何が釣れるのだろうか
74.jpg

75
子供たちが鳥にエサをやり始めた
えびせんのような小さなお菓子を投げると、鳥は上手にそれを空中で受け取る
次第にとんびの数が増えて子供たちが怖がってやめてしまった
75.jpg

76
右の方は横須賀の町
真ん中は自衛隊の施設
76.jpg

77
とんび
77.jpg

78
久里浜へ入港
波けしブロックがいっぱい
78.jpg

79
この物々しい設備は・・・
79.jpg

80
こうなって徒歩客はここから降りる
干潮時と満潮時とで出入り口が違うもよう
80.jpg

81
港から京急久里浜駅までバスに乗った
大入り満員
途中のバス停からも次々に乗客が乗る
81.jpg

82
京急久里駅前へ着いた
ここからJR久里浜駅へ行って逗子から湘南新宿へ乗り換えて
その予定だったのを急きょ変更
京急逗子線に乗ったことが無かったのを思い出したので、この機会に乗ってみよう
82.jpg

83
特急型座席と車内の京急の電車内
83.jpg

84
金沢八景で逗子線へ乗り換えて京急逗子へ着いた
電車の色は目が覚めるように赤い
84.jpg

85
京急逗子駅
85.jpg

86
JR逗子駅へ向かって歩いているところ
渋滞の自動車を後目に「はっはっはっ、勝ったぞ」と無意味に威張ってみる
86.jpg

87
JR逗子駅
87.jpg

88
旅の友を発見
88.jpg

89
早速無かき揚げ蕎麦を注文・・・
・・・然しいつも通勤の途次に食べるソバとまったく同一で少しがっかり
89.jpg

90
湘南新宿の小金井行きに乗る
90.jpg

91
緑車に乗る
逗子駅の反対側の出口
えらく寂しくて店の一軒も無い
左へ行くと坂を下りて市街地へ
右へ行くと山を登って住宅街へ
91.jpg

92
激しく混雑する鎌倉駅を過ぎて北鎌倉駅へ停車
下りの乗り場には誰もいない
上りの列車にもほとんど乗ってこなかった
92.jpg

93
鶴見の付近
雲が浮かぶ空を眺めていると
あれは謎の円盤かUFOか
実は月でした
93.jpg

94
新宿で中央線の快速へ乗り換え
94.jpg

95
三鷹駅で降りた
あとはバスに乗って帰る
三鷹駅で何をみたかと一日を振り返る
駅前の電飾が寒々しさに拍車を掛ける
95.jpg

今日はここでお仕舞い
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。