スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食料品

そのような訳で仮住まいをしている毎日が続いている、古い町の筈なのに仮住まいと職場までの間に歴史を感じさせるような古い商店や住宅と云ったものがまったくなくて、建物のほとんどが新しいのはどうしたことか、当然ながら買い物が出来る店はコンビニエンスしかない、コンビニエンスは仮住まいと職場を行き来する範囲に三店舗があってそれらの店を順に巡ってはいるものの、食品に関しては決定的に飽きてしまうし、いつものバスプラな店と比べて価格も高く財布には厳しい。

それでは外食と云う事になると居酒屋とスナックばかりで安価な昼食や夕食を頂ける店なぞは皆無、薄汚れた定食店が一軒だけあるものの定食が千円からなのでとても毎日は無理、通うにしても一と月に一二度が限界、仕方が無いものは仕方が無いと諦めていたら一とつだけ朗報があって、帰り道を少し外れて五分ほど歩いた処に大規模な鮮魚店を見つけた、しかも価格が安く善い品が並ぶ。仕事を終えるのが七時半で店は八時で仕舞い、当然ながら閉店の間際に行かざるを得ないのですべてが売り切れて何に一とつとも残っていない事もある、残っていれば見切り価格で半額か四分の一にまで値下げが為されているので財布には優しい。

そう思って喜んでいたら、その鮮魚店は先週から仕舞いの時刻を七時半に改めてしまって、行く事が叶わなくなってしまった、またもやがっかりしながらコンビニエンスを巡り食料品を買うしかなくて、コンビニエンスへ行くたびにうんざりしながら棚を眺めている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。