スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帳簿

自営業を始めたので帳簿を点けなければいけないことになった、二月に税務署へ行って確定申告した処、相談担当の方に青色申告を薦められたので登録をした、さらに青色申告会へ加盟して指導を仰ぐのが善いと云うことになったので、それで手続きをして会員代金を払ってままに放ったらかしていたら、私の担当になったと云う方から電話が掛かって来て、専用のソフトウェアを無償で使うことが出来るから取り来られたしとの由、それも時間が得られずにようやく先週になって青色会の相談所へ行き、ソフトウェアの操作方法を学んでからソフトウェアを頂いて来て自宅のPCへ導入をした、それまでエクセルで工夫をして現金出納を点けていたものを今度から専用のソフトへ入れれば色々と分類をしてくれる。

青色申告の特徴は使っている預金通帳の明細の通りに帳簿を点けなければいけない処にある、支払いや現金を引き出したときには「出金伝票」を入力し、お金を受け取ったら「入金伝票」を入力、ATM手数料や普通預金利息の十円二十円なぞのお金も、通帳の一行一行のすべてについて伝票を入力しなければならない、預金からの出し入れのほかにも、手元の現金やクレジットカードで買い物をしたり鉄道やバスを利用したらそれぞれに出金伝票を入力、一点ずつそれらを入力するのでかなり大変でもあって、然しそれらの出納をきちんと点ければ仕分け帳や元帳、補助元帳、BS/PLなぞの財務諸表なぞは自動的に作成される。

しかもこのデータを青色申告会へ持ち込めば私の代わりに会が税務署へ申告を出してくれて、しかも経費控除のほかに基礎控除として65万円が加算されるから、なかなかにおいしい話しでもある、とは云え私の出納は預貯金の持ち出しで大赤字でもあるので基礎控除が加わっても意味は無いけれども。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。