スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸印

麻のずぼんが股間の辺りからびりびりと破れ始めたら、それは次に穿く際にはいきなり広がって穴と云うよりもずぼんとしての体裁を失ってしまった、普段着のずぼんは4本を持っていたけども、それが先月より次々に破れてついに3本目が駄目になってしまって残りは1本になった、それもあやしいし心もとないので新たに買い求めることにした。

破けてしまったものは安価で有名なU店のもので、毎日を穿かないにも関わらず2年でだめになってしまったけども、それもその筈で1本が千円と少しの価格に裾を上げる工賃まで含まれていたので、2年と少しを穿けたのであれば長持ちをした方かもしれない。

新しく買ったずぼんはおよそ八千円を投じた、有名な社の品なのできっと長持ちをすることと思う、二十代の頃はこの社の品を気に入って善く穿いていて長持ちをしていたのを覚えている、しかしこの社は経営がうまくないと伝えられていて少しく心配でもある、とは云え矢張り履き心地は安い品とは丸で違うので、来月或いは再来月になって財布に余裕があれば更に買い足したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おーっ
携帯iモードでもコメント出来る様になりましたなぁ(@_@)

Re: タイトルなし

>>マリネラ駐在員さん

> 携帯iモードでもコメント出来る様になりましたなぁ(@_@)

おお、それは朗報ですな
今後ともよろしくお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。