スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つめ

子供の頃にピアノを習っていた所為か爪が伸びると気になって仕方がない、爪が伸びたままピアノの鍵盤を叩いたときに爪が剥がれかかって血がいっぱい出てとても痛かった、それが心の奥底に残っているのか爪を伸ばしたままのときに、色々なものを掴んだり取ったり特にPCの鍵盤を叩くのがとてもこわい、だから爪を切るとついつい深爪しがちになってそれはそれで痛い。

爪を切ると爪の両脇が尖って衣類や靴下を脱着する際に引っ掛かる、引っ掛かるだけならまだしもそこから切れたり破れたりすることもあるから、爪切りのやすりでできるだけ滑らかになるよう削っている、冬になると指先がかさかさになってかさぶたのように硬くなり、その皮が捲れて棘のようになってそれも衣類に掛かって破れたりするので矢張り削るようにしている。

かつて観た映画だかドラマだったかで、悪者の親玉がえらそうに葉巻を吸いながらやすりのようなもので爪を研いでいる画面があったのを思い出したので、それを真似てやすりを持って来て爪の両脇を研いでみたところとてもうまい具合かつ滑らかに研げる、やすりは鉄道模型の工作をしていたときに使っていたダイヤモンドのもので、本来は真鍮や鉄なぞの素材を削るものだから爪を研ぐなぞ造作もないこと、擦り減って新たに買うとしても値札を見たら380円とあったので爪切りより安い。

全長14cm
20140107.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

足の爪を切った時、爪の右か左かが完全に切り落とし出来ず、指で引っ張ると後が痛いざんす。(^^;)。

Re: タイトルなし

>>マリネラ駐在員さん

> 足の爪を切った時、爪の右か左かが完全に切り落とし出来ず、指で引っ張ると後が痛いざんす。(^^;)。

残った部分をヤスリで削ると良いのでは?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。