スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苛々する住まい

住宅を作り直すテレビの番組を観ていたら、建築設計士が曰く「住まいとは楽しい処でなければならない」と云う、省みて我が家
は毎日の様に苛々を募らしながらの暮らしをしている、室内の惨状は如何ともし難く、何もかもをも捨て去り自分さえ捨ててしまいたいと思う状況に毎日が楽しい筈は無い。

例えば我が家の法則では「使いたい時に使いたい道具は行方不明或いは故障をしている」と云うのがある、滅多に使わない道具は可動のものは故障をしていたり錆びて回らなくなっていたり、或いは紙を切るはさみなぞは子供の頃からの癖が治らず使ったらそこらへぽんと置いてその場所を決定的に失念をするから、いつも探し回った挙句に見つからない、その度に甚だ立腹してはさみを買うので数えてみたら五六本はあるし、定規やボールペンなぞは数え切れないほどある、それでも、あまりにも散らかり様が酷い様を見るとやはりがっかりして片付け始めて、はさみや筆記用具の類を一箇所へ集めると、今度はその場所を決定的に失念をして、散々に探し回った挙句に草臥れ果てた頃に見つかった処で何もかものやる気は失せてしまう。

今日はお天気が善く日が差してきたので多肉植物の鉢植えをベランダへ出そうとした処、見事にさかさまにひっくり返り乾いた鹿沼土が絨毯の上へすべて撒かれ黄色い埃が舞い上がり、運が悪いことに近くに干してあった白いシャツを汚してしまった、せっかく洗濯をしたのにシャツと靴下を洗いなおさなければいけない、猛烈に腹が立って鉢植えはもうそのまま丸ごと捨てたくなったけども、せっかく三年を掛けて五百円玉ほどの大きさに育った植物を廃棄するのは可愛そうに思うので鉢植えは元へ戻し、土で汚れた絨毯は掃除機で吸い取り綺麗にした。

今度はその掃除機を納戸へ仕舞おうと持ち歩いていたら、右足の小指を机の柱へ思い切り打ち付けて激痛にしばらくうずくまり動けない、若い頃であれば掃除機と机を思い切り床へ叩きつけて破壊していたと思うけども、今は悲しくて涙さえ出る始末、要するに整理整頓の能力が無い自分の性格を呪うばかり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お掃除

人が来週くるとか、きっかけが無いとなかなか片付かないものですよね。

我が家は断捨離の最中ですが、寒過ぎてはかどらず、当分どなたも呼べません(^^;;

竹林堂氏が、QPさんをヘルプすると言ってます♡

Re: お掃除

>> とよさん

> 人が来週くるとか、きっかけが無いとなかなか片付かないものですよね。

うちはもうそんなレベルではなくて大変です

> 我が家は断捨離の最中ですが、寒過ぎてはかどらず、当分どなたも呼べません(^^;;

きれいではありませんか

> 竹林堂氏が、QPさんをヘルプすると言ってます♡

それはありがたい話です
しかし自分で何とかしようと思っています
散らかっているモノの95%は捨てるモノなんです
市が指定する分別が実に実に面倒なため捗っていません
不法投棄とかゴミ屋敷とかありますが、それらは分類の面倒さと廃棄日が僅少なのが原因のような気がしています
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。