スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しんどいので一休み

どうも調子が悪い、全身がぶるぶると震えるが如くに僅かな悪寒があるしお腹は鉛が込められたかの如くに重たい、食欲も今一とつ、風邪でも引いたか知らとも思うけども、身体を冷やしてしまったのではないかと思う、日曜日の夕方に窓を開けていたら、通り過ぎる風がとても心地が善くてそのまま転寝をしてしまったのがいけない、気がついたら一時間ほどが過ぎて全身が冷えきって猛烈に寒くぶるぶると震えが止まらないから、浴槽に湯を貯めて温まったら震えは止まったけどもその余韻は収まらなかった、きっとお腹も冷やしてしまったに違いが無い。

夜はあまり善く眠ることが出来ずに夜中には幾度と無く目が覚めて上厠してを繰り返したので、寝た気がまったくしなくて日が昇り朝になって居間へ移動をしてソファへ腰をかけてやれやれと一と休みをする始末、朝食も食欲が無いから飯を炊いてフリカケを掛けて一膳だけを食べて、悶々とした気分のままに業務に当たって昼は久しぶりに市役所の食堂へと行った、重たい身体を引きずって食堂へ着いたのが午後の一時ちょうど、広いダイニングには一人も居なくて定食を受け取り席は選り取り碧だから適当な処へ泰然自若と座り食べ始めた、少しすると交代で休憩する職員や郵便局の職員なぞが遣って来て食堂は少しばかり賑わった。

だいぶゆっくりと時間を掛けて食事を済ませて、冷たい茶を汲んで飲みながら十分ほど休んだ後に食器類を配膳台へ返してからふらりふらりと歩いて帰ってきた、帰ってきたらいきなり身体が大変にだるいし悪寒も少し余韻を引いている、午後は休むことにして布団で横になったらたちまちのうちに意識は遠のいて眠り込んでしまった、気がついて時計を見たら五時を過ぎて外は薄暗い、気分はだいぶ善くなったから身体が辛いときはゆっくり休むのが矢張り重要であると云う事を改めて思う、夕食にぽそぽそと一膳の飯を食べて済まして、湯浴びをした後に早いけども十時の少し過ぎには寝てしまって、今朝は六時の頃に目が覚めて居間へ移動をしてみたら気分はとてもすっきりとしていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。