スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気がつけば葉月

さて、久しぶりに日記を更新しようと思ったらすでに月が進んで八月葉月になっていた、そして今月より再び勤めへ出ることになったので、朝も早くから支度をして出掛けて日が暮れた頃には帰ってこられているけども、早く帰られるのは今の内か知ら。

今度の職場はある駅からバスに乗り七八分ほどの処で距離にしておよそ二キロメートル弱だから、歩けない距離ではないけども、途中にとても深い谷があるので急な長い坂道を降りて再び登らねばならず、さながら山歩きの様相を呈することになるし、今の季節は暑くて汗だくになって仕事どころではない、幸いに新しい社の社長がバス代を出してくれることになった。

そのバスは恐ろしいことになっていて、初日は駅から乗ろうとして大変に驚いた、時刻表には明確な時刻は記されずに朝の七時代から夜の十時頃まで2~3分毎とだけ書かれている、朝の乗り場には大勢の人が長い列をこしらえて待ち、バスが着くと前扉と中扉の両方から乗せてしまう、中扉の前には係員がIC券の端末を持ち立っていてそれで運賃を支払い現金はその脇の箱へ投じるようになっている、乗客がおおむね満員になるとバスは扉を閉じて発車、次のバスとその次のバスは後ろで待機しているから、次々に遣って来ては満員の客を乗せて次々に発車して行く、それは駅から職場の方面だけではなくて駅へ次々と間断なく到着するバスにもぎっしりと人々が乗って来る、この路線の沿線にはどれほど大勢の人が住んでいるのかとも思うし、そこまで多いなら地下鉄でもこしらえた方が良いのではないかとも思う。

似たような場面を千葉県の幕張本郷駅でも見ることが出来て、こちらは輸送力不足から二両連結のバスまで導入をして幕張本郷から海浜幕張地域への通勤輸送を担っている、違う処はぎっしり混雑をしているのは片方向だけで帰りのバスはほぼからっぽで戻って来る。

省みて我が家の前を走る西武バスは一時間にニ三本、それでも我が町の路線にしては本数は多い方と言える、歩いて二十分ほどの実家の前から三鷹の駅へ行くバスは一日三本にまで減便をされてしまったので使えなくなってしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。