スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩り豊かに

テレビを観なくもなく眺めていたら増田セバスチャン氏が登場する番組をやっていた、増田氏はきゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースで一躍有名になった人で、所謂「かわいい」を世界的なものにした当の本人である、きゃりー嬢の歌を始めてYouTubeで観たときに、その鮮やかさと楽しさにいきなり引き込まれて幾度も眺めたことがある、これをこしらえたのが増田氏であると云う事はその時に知ったけども、どんな人物で他にどのような作品があるのかまでは興味が及ばず顔も知らず仕舞いでもあった、今日の番組では増田氏の生い立ちが簡単に語られて作品への意気込みなぞも語られて、型枠に囚われない自由な発想が求められていると云う、世間一般への反逆或いは復讐と云ったような表意でもあると語れている。

私が思春期から青春期を過ごした時代でも同じような事が語られて、過去との決別を主題に様々な人々が様々に活動をしていたけども、結局それらの思想を持った人々は社会の片隅に小さな居場所を見つけて静かに存在、一般的に受け入れられることは無かった、それどころか当時と比べて今の時代は昔と比べて格段に窮屈になっている、若い人々はこの窮屈な時代に順応する事ばかりで反逆する事も無く何れは屠殺される家畜の如くに大人しい、それで良いのかとも思っていたし社会はそうあるべき姿なのだと云うような空気が漂っていたけども、一方で視線を様々な処へ向ければ増田氏のように「そうは行くか」と云うような反骨精神を凛々しく持つ人が居るのはとても頼もしく楽しみでもある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。