スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りと苛々の日々

苛々が頂点へ達しつつあると云うのは今のような心境を云うのだろうかとも思う、二月中は遂に二十三時より前に帰宅を出来る日が一日も無かった、それ処かこの前に休んだのは二月の一日で幾十日も休まず働かされて何んの罰を受けているのかとも思う。

今日は遂に職場を辞したのが二十三時半も過ぎてからで、バスを待っていねと昼間は一二分毎に来るバスもさすがに夜中は十幾分も来ない、しかも遣って来たバスは深夜料金とかで二倍の額を取られた。

駅前へ着いて簡単な夕食と思ったけども、牛丼店は朝飯に利用をしたので避けたい、残るは立ち食い蕎麦しか無いけれども、いつも開いているのでついつい二十四時間営業と思っていたら、店は暖簾を上げて本日終了の札が提げてある、がっかりしたので駅へ戻り山手線の電車に乗ったら、珍しく空いていたので席へ座って落ち着いたと思ったら、今度はなかなか発車しない、次の電車が遅れているから二分を止まると云う、そのあと止まった駅々で二分三分と時間合わせをしたので、いつもは二十分と少しで池袋へ着く処を三十五分も掛かってしまった。

池袋の駅前には屋台の中華そば屋が出ていた筈と思い、駅前へ出てみると姿は見られず、然し他の店は広い道路を渡った向こう側でめんどくさいしタバコ臭いだろうから、夕食は諦めて自販機で冷たい茶を買って西武線の準急に駆け込んだ。

準急電車は大入り満員のぎっしりと人を詰め込んでから池袋の駅を発車して、大きな曲線を緩っくりと曲がり、いよいよ加速を始めると云う処まで来てもまったく速度を上げない、のろのろ、のろのろ、練馬を出てものろのろ、のろのろ、石神井公園までいつもなら十二分ほどで駆け抜けるのに三十分以上も掛けて、自宅の最寄駅まで四十分も掛けて漸く着いてみたらすっかり一時も過ぎている、バスプラ西友へ寄るのも諦めてぬるくなった茶を飲みながらふらりふらりと深夜の町を歩き自宅へ戻った。

朝はまだ夜が明けない時刻に出掛けて帰りはすっかり日が暮れて、行きも帰りも店はどこも開いてはいないし、何かをお楽しみにする時間帯はまったくに無い、職場では私よりもっと長く働くのを好む人々がいっぱい残ってごそごそ仕事を続けている。彼らはおおむね結婚指輪をしているから、女房も子供も居ることだろう、朝は八時前から深夜は二十三時まで、土曜も日曜も働いて、それが一二週間の僅かな期間であれば仕方が無いものは仕方が無いと諦めもつくけれど、それが二か月三か月半年と続いたままの状態、家族団らんとか考えないのか、或いは豊かな人生とは何にかと云うことを常に考えざるを得ない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。