スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日が宇宙旅行と地底探検旅行

残業を終えて左様ならと挨拶の後に職場を辞したのが21時の頃、重い扉を開き廊下へ出ると時間も遅いことから薄暗くなっているけれど、自分が立った前後の数メートルはふわっと明るく照らされる、歩いて先へ進むとさらにその先がふわっと明るくなり通り過ぎたところはふわっと薄暗くなる、ぱっといきなり明るくなったり暗くなったりしない処、余計な事を考え過ぎではないかと思う。

歩廊を進み高さが三竿もあろうかという高い自動扉の前へ立つと、立ったそこだけ天井からぱっと照明が灯って明るく照らされるから舞台に立った歌手の如くか知ら、扉の釦を押すと扉が重そうに開いてその場を去ると照明がぱっと消え扉は重そうに閉じる、その先は区間急行エレベータの乗り場で矢張り薄暗く、下へ向かう呼釦を押して待つ、エレベータの扉もエレベータの箱が通じる穴もすべてガラス張りで外からも中からも丸見え、少しすると下階へ向かう案内の明かりがぽんという音と共に灯り、さらに少しすると上階よりエレベータの箱が降りて来るのが見えるけれども、箱の下には宇宙船のような四角形の薄明るいランプが幾つも点けて降りて来る、ぴたりと止まってガラス張りの透明な扉が開くので乗る、なぜか閉じるの釦が付いていない、それで数十階まで降りてそこで特急のエレベータへ乗り換える、特急の乗り場は別の場になっているので幾つかの扉を経て歩いて向かう、そこは広い空間が広がり壁はすべて上から足元までガラス張り、薄暗いからすっかり夜の帳が下りた都会の街中が宝石箱のようにきらきらと輝いてきれいに見渡せる、真夜中の空中庭園と云った趣でもある。

特急の呼釦を押してしばらく待つ、四基ある特急のどれが来るのかは運次第、ぽんと云う音と共に下へ向かう特急が来る知らせの明かりが灯り点滅する、矢張り透明なガラス張りの扉にエレベータの通路となっていて、その中を宇宙船の如く前後に明かりを点して遣って来る、透明な扉が開くと同時にスポットライトが足元を照らす、乗って扉が閉じてしまうと灯火も消えて薄暗い箱内から外の風景がよく眺められる、段々と地面が近づいてあっと云う間に一階へ着き耳が押された感じになる、宇宙船へ搭乗し時空の彼方から地上へ降りるような気分でもある、ガラスの扉が開いて目の前にある出口へ向かうとそこは地下鉄の改札口。

宇宙船の旅はこれで終わりで引き続き間断も無く地底旅行が待っている、改札口を通り地底の奥深くへ続く階段を延々と歩いて降りると、そこは矢張りガラス張りの壁に囲まれた乗り場となっていて、扉は天井まで続いていて山手線の乗り場にある様な貧相な扉とは次元が異なる、やがて電車が来て扉が開き乗り込むと騒々しいファンファーレの後に扉が閉じて耳障りなインバータの騒音と共に電車は地底の深くをごうごうと走る、幾つもの駅を過ぎて乗り換えをしている後楽園の駅へ着いたので降りて、家屋の三階ほどもある長いエスカレータに乗るとその先は只の踊り場、さらに事務所建物の七八階はありそな長い長いエスカレータに延々と乗って着いた処は再び踊り場と地下の改札口で、さらに幾つもエスカレータを上るとようやく地上の一階へ辿り着いた。

これで宇宙旅行や地底探検旅行も終わって、後楽園駅の二階にある丸ノ内線の古ぼけた乗り場へと行き、遣って来た古ぼけて馴染みある丸ノ内線の電車を観てようやくほっとした気分になる、丸ノ内線の電車は扉を閉じると地底の奥深くをちんたらと走る地下鉄とは打って変わってすたこらと素早く走り池袋の駅へと着いた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。