スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリギリスの人生に終止符

随分と迷ったけれど、思い切ってブログに書いてみることにした。
実はここのところは自宅ではなく実家に寝泊まりしていて、毎晩寝る前は悲しくて自分の無力感にうちひしがれる毎日、今日はついに涙が止まらない、精神的にも極めて不安定な状況にある、とは言え、今ここで自分が折れてしまったらすべては破滅へと向かうことになるから、心を強く持ち踏んばらなければならない。

母は数年ほど前から物忘れが目立つようになって、今は三分の一ほどの認知症と云う状態になっていて、それを高齢の父が支えていたけれど、父は突然の病に倒れ救急搬送となって入院となった、不幸中の幸いな事が幾つかあって、その内の一とつに父の病状は厳しかったものの、治療に大きな効果がありあと数日で退院が可能となったこと、もう一とつは弟夫婦が二人とも医療関係の業務に従事しているので、入院関係の手続きやら医師の説明やらは任せることが出来たことがある。

しかし一人残された母は一人だけでの生活はとても無理なので、私が実家へ泊まり込み毎日の朝と夕食を共にしている、気が強く芯がしっかりしていた母に私はいつもきつく叱られていた事が多かったけれど、気が付いてみれば、小さく痩せてしまって一日の出来事の幾つかは覚えられていない。

私が帰宅できるのが二十時半なので、それから夕食を共にする、一人で済ませてしまっていることも多いけれど、たまには夕食を共にすることがあり、ビールが大好きなので帰りに買ったエビスを進めるとああおいしい、と言いつつコップに一杯だけ飲む、今日はどんな日だったのとやさしく問うと、よく覚えていないと言いつつも、断片的に思い出して暫くすると記憶の線が繋がりこんなことがあったのよと云う、とても楽しかったのか幾度も同じ事を楽しそうに云う、私はにこにこしながらそれを聴いて、そうだったの、ぼくは都心で仕事をしていたら暑かったのだよ、途中の八重桜がきれいだったよ、なぞと他愛も無い話をする。

朝は八時に出れば仕事の時刻に間に合うので、六時半には起きて七時半の頃には朝食にする、飯を炊いたり、まとめて冷凍をしていた飯をレンジで加熱する程度のことは出来るけれども、味噌汁をこしらえるのは無理なので、そこは即席のものを用意して、オカズは納豆やらたらこやらたまごやらで間に合わせて、納豆へ辛子と醤油を少し入れて混ぜ溶いてあげて、納豆ごはんおいしいよ、と云うと母も嬉しそうにそれを食べる。朝は隣組のおばさんも様子を見にきてくれるし、弟及び弟の神さんもとても強力な支援をしてくれている、むしろ弟夫婦が中心となり父と母を支えている、一時は嫁いだ妹も遠方から駆けつけてくれた、私に出来るのは母にやさしく接することにしか無い。

近くに住んでいながら、なぜもっと早く気が付けなかったのか、もっと早く何んとか出来なかったのか、後悔ばかりが頭を占拠する、結婚もせずに極楽蜻蛉で過ごしてきた私に神様はその応報を与えたということなのだと思う、弟と妹は若い内に伴侶を見つけ苦労しなが家庭を築き上げた、だから私の気ままで成り行き任せの極楽蜻蛉な人生には終止符が打たれる、父と母の残りの人生をいかに気楽に、干渉し過ぎずに支援をすることにしようと思う。私が暮らしていた集合住宅も今なら高価で売れる見込みであるので、近いうちに売却して生活費へ充てようと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大変に困難な状況、心中お察ししますが周囲の支えもあるようで、
お父様も回復に向かわれているご様子ですし、
絶望的にドン底というわけでも無い様で少しだけ安心しました

どうかそんなにご自分を責めず明るい気持ちで過ごして頂きたく、
なんでしたらいつでも酒瓶持って伺わせて頂きますのでw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。