スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運は山と谷

今日も上州地方を訪ねる予定になっていたので朝も早くから支度をして出掛けた、久しぶりに通勤時間帯の電車に乗ったけども混雑を避けて最寄りの駅から始発で出る電車の最も混雑をしない車両を選んで乗って、座席へ座り尻と脚も暖かく凡々と発車を待っていると、架線に障害が発生したなぞの問題が起きておよそ十七分を遅れて発車して池袋へも十七分を遅れて着いた、とは云えこんな事もあろうと三十分ほど余裕を保持して出て来たから長距離の列車に乗り遅れることはなかった。

訪問先の用事は五時過ぎには仕舞いになり、訪問先の会社を左様ならと挨拶をして辞してバス停まで歩くつもりでいたら、経理部長の女性がちょうど帰宅するから駅までお送りしましょうと自動車に乗せてくださったので大変に助かった、駅前で厚く丁寧に御礼を申し上げた。

駅の発車案内を見ると次は十分後の通勤快速、この列車はいつもの普通列車より停車する駅が八っつも少なく速い、前回と違って今日はとても運勢が良いので、運勢も含めて何んでも山と谷の連続でもあると思い知る、尤も今日は運が良かったから次は悪い方へ向くような気がしないでもない。

運気で思い出すのが神社なぞの神籤(みくじ)で、大吉を引いて喜ぶ人が居て大凶を引いてがっかりする人が居るけども、これも考え様で大吉は運勢がこれ以上は上がらず後は落ちる一方、大凶は運勢がこれ以上は落ちずに後は上がる一方、と考えてみればくじの意味は正反対になる、それでは中小の吉や凶はどうなのだと云われれば、それは下がり傾向の途中なのか上がり傾向の途中なのかで意味が違って来ると云う次第、運気の上下を示したものでは無く現時点だけのものだと云えばそれはそれでも納得ができる、つまり神籤は幾らでも己に都合の良い解釈ができる。

列車は順調に走り続けて、途中の大宮で降りてマリネラ駐在員氏と久しぶりに酒を飲み愉しくあれこれと話をしたけども、氏は販売の仕事をしているので来店する客の様子を常に見つめ応対をしているから人への観察眼はとても鋭い、そのような話しを興味深く聴いている内に酒が回って自分が支離滅裂な話をし始めた頃には仕舞いにして、駅で左様ならと別れて帰って来た。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。