スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイステーション

我が家にはゲーム装置としてプレイステーションの2と3が在って、かつてはセガサターンもあったけどもサターンは故障してしまって修理が出来ないと云うので廃棄したので、現在はこの2基がゲーム装置として残っている、そのどちら共に久しく電源を投じていない。

およそニ三日ごとにテレビ台の周囲を雑巾で拭いて埃を取っているので、昨日も同じように雑巾で拭いてプレイステーション2の筐体を掃除した際に、電源の線も映像の線も繋いでいないし制御器も繋いでいない姿を眺め、この装置はいつから電源を投じていないのかとふっと思い至った、そこで電線の類を仕舞ってある引き出しをごそごそと探して電源やらD端子の線やら制御器を持って来て、最近になって買った二十三型のテレビへ繋いで電源を投じてみた、派手な起動の音と共に動き出して懐かしい始まりの画面が現れた、四十六型のレグザを買ったときに一度だけ繋いで画面をD端子と16:9に直したのを思い出したので、およそ5年ぶりに電源を投じた事になる。

ソフトウェアの盤を幾つか取り出して始めにドラゴンクエスト8を動かしてみた、最後の大魔王を倒す直前まで遊んで、なぜだかそこまで至った時点で急速に興味を失ってそれ以来遊んでいなかった、記録を保存してあるメモリーカードの二個があるのでそれも挿してみると一個は故障して読み取れない、一個は幸いな事に当時の記録を読み出すことが出来て画面を開いてみたけども、何がどうなっているのかさっぱり覚えていないし、討伐隊員がどこの誰であるかも思い出せない、始めからやり直した方が善さそうなのでそのうちに暇があったら楽しんでみようと思う。

次にはDEPTHと云うソフトウェアを動かしてみた、これは元祖プレイステーションのもので音楽を編集する、1996年に発売された当時に買い求めて当初から暫くは毎日のように楽しんだ覚えがある、元祖用のメモリーカードも2個があったので挿してみた処、何れも稼働できたからこれも動かしてみた。

実に十数年ぶりに動かしたので操作の手順なぞすっかり忘れていてさっぱり要領を得ない、それでも説明書を読みながら進めていると次第に記憶が蘇って来る、これは浅い海を泳ぐイルカを操作して12個のステージへ行き音源を集めてその音源を組み合わせて楽曲を構築すると云うもの、無から旋律やリズムなぞを作り出すものではなく、予め用意してある数百の音源から選んで組み合わせる様になっていて短いけども曲をこしらえる事が出来る、どの組み合わせでもアンサンブルが破綻をしないよう出来ているけども、矢張り所謂「AVOID」は発生するので組み合わせはやや六つかしい処もある、アドリブ演奏を楽しむ際もゲーム機の制御器を操作すれば善いので、楽器をまったく演奏した経験が無い人でも愉しむ事が出来る。

開始直後は12のステージのうちの1つしか這入る事が出来ない、そのステージで得た音源により楽曲をこしらえて再びそのステージへ戻り泳ぎながらアドリブ演奏や幻想的な風景を眺めたりして愉しむ、尤も初代のプレイステーション用にこしらえられた画面なのでいささか荒いのは難点だけども、楽しんでいれば気にはならない。

次に動かしたのはアクアノートの休日と云うソフトウェア、これも毎日のように愉しんで没頭していた記憶がある、矢張りプレイステーション用の画面であるから見た目は荒いけども没頭している内に気にならなくなってくる。

ドラゴンクエスト以外の2作品は誰かと争う或いは戦い競うものでは無いし、独りの世界へ没頭できる自己陶酔を実現するためのもので、腹を立てたり苛々する事が無い、アクアノートは夜中に酒を飲みながら潜水艇を操縦していて、いつの間にか寝入って気が付いたら海底で座礁して止まっていたと云う事もあった。

しかし持っているプレイステーション2の装置は初代の機種なので冷却扇がえらくうるさい、このように静かなソフトウェアを愉しむには大変に残念でもある、またプレイステーション3も初代の機種なので冷却扇がもっと八釜しく消費電力が360ワットもあって動かす気にさえならない、DEPTHとアクアノートの休日のためにうるさくない機種を手に入れても善いかなとも思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。