スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通販で買うと

ある品物を通販で買い求めて昨日になって発送をしたとの知らせが届いた、それを読むと販売している会社は千葉県某市にあって品物は倉庫から出されるとあり、その倉庫が何んと我が家の隣町でバスに乗れば五六分で着いてしまうし歩いても三十分は掛からない、品物を受けた運送会社の営業所も隣町の地域を担当する処でもある、それではその品が素早く届くかと云えば運送会社の仕組みによりそうはならなくて、埼玉県の集約所へ一旦送られてから我が家を担当する営業所へ来てそうして届けられる。

以前に洗剤類や台所用品等の消耗品を通販で注文をした処、北九州市の配送所から届いて、品物に依っては近畿や東海地方の工場で製造されて関東地方にある製造会社の集約所へ行き、それから北九州市にある販社の配送所へ行き、そうして私が住む関東地方へ再びやって来る、東海道山陽道を幾度往復するのかと思うと、運送に掛かる燃料や電力が勿体無いと思わざるを得ない。

それではいつものバスプラKYなスーパー店で買うのが善いかと云えば、それも裏方の状況はあまり変わらず、各店舗へ届けるスーパー店の集約拠点へ届く前の仕組みは同じ事になっている。販売に掛かるコストを勘案すると大量に仕入れて僅少の拠点へ集約するのが最も効果的である事は解ってはいるものの、勿体無いと思うのは貧乏性か知ら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まさに通販の世界は・・・

こんにちは。御無沙汰してます。
通販の話題だったので、コメントしますね。

通販の世界では自社で倉庫を持たずに、卸会社から直接エンドユーザーに届ける手法が流行ってます。
顧客直送あるいはドロップシッピングと云いまして、顧客が購入するまで自社倉庫に置く必要もないし、在庫管理や消費期限管理も要らないのです。
そのかわりに価格勝負では負けてしまいます。

通販+情報化社会での生き残りのキーワードは、価格以外にオリジナリティーです。

Re: まさに通販の世界は・・・

>>しなちくさん

> こんにちは。御無沙汰してます。

お元気ですか?

> 通販の世界では自社で倉庫を持たずに、卸会社から直接エンドユーザーに届ける手法が流行ってます。
> 顧客直送あるいはドロップシッピングと云いまして、顧客が購入するまで自社倉庫に置く必要もないし、在庫管理や消費期限管理も要らないのです。
> そのかわりに価格勝負では負けてしまいます。

長距離を何度も往復した方が価格が安いというのも理不尽ですよね。
食料品については「フードマイレージ」という概念を持ち込んで厳しく見張る人たちがいますが
食料品以外の商品については移動距離を見張る人たちがいません。
CO2削減とか節電とか言うならここにも目を向けるべきでないかと思います。

> 通販+情報化社会での生き残りのキーワードは、価格以外にオリジナリティーです。

そうですね。。
価格勝負では御三家(アマ、楽、価格)に太刀打ち出来ません。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。