スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三日分

金曜日

今日は上州地方を訪問することになっているので朝から支度をして出掛けた、テレビのニュースで上州地方や東北地方へ行く列車は事故で遅れていると云う、果たして池袋の駅へ着いたら湘南新宿の列車は運行を停止していたので上野の駅へと行った、上野駅の出発案内には表示が無くて次に発車する列車が何時何分に出るのかはその都度に放送で知らせる事になっていたので、案内を聴いて同行の方に電話で知らせて、出発の十分前には出会うこてができた。

列車は放送での予定より十分を遅れて出発して、途中の熊谷で一時間近くも止まったりして上州地方の目的地へは一時間の遅れで着いた、それから夜中の十二時の頃まで業務を続けて草臥れ果ててホテルへ泊まったけども、湯浴びをしたらせっかく買ったピールを飲む前に寝込んでしまった。

土曜日

朝も早くから業務に取り掛かって昼が過ぎて日が暮れて午後の七時には仕舞いとして、訪問先の皆様に左様ならと挨拶をして辞した、バス停へ行くとうまい具合に十分後のバスがある、バスを待つ間に列車の時刻表を調べようと思ったら、バス停がある通りには街灯の一とつも無くて暗くて字が読めない、当たり前だけども夜だから暗くて読めないのが当たり前であって、都内のように夜中でも明るいのがおかしいような気がしないでもない、それよりもバスの運転手が自分をみつけてくれるか知ら、しかしバスはきちんとやってきてウィンカを出して止まり扉が開いた。

帰りの列車はマリネラ駐在員氏が帰宅をする列車と同じになったので、乗る列車の号車を合わせ待ち合わせカンビールでささやかな酒宴を開いた、熊谷から大宮までのおよそ四十分、あれこれ歓談をしつつ、氏のポッケからは次から次へとお菓子やらお手ふきなぞ色々と出てきてネコ型ロボットのポケットの様、結局はそれだけでは収まらなくて、途中の駅で降りて居酒屋で暫く飲み歓談をして十一時の少し前には仕舞いとして池袋を経由して帰って来た。

途中の池袋ではよせば善いのに、駅前に出ている屋台の中華そばでにんにくを投じて中華そばを食べて、食べるときはとてもおいしいような気がするけども、結局は後で気持ちが悪くなったり腹が超特急になったり後悔をするばかり、後悔役に立たずと云う典型例と云える、処でその屋台は久しぶりにおよそ10年ぶりくらいに寄ったけども、ご主人は当時と同じ方で髪がすっかり真っ白になっていた、こんな処でも年月の経過を感じる。

日曜日

朝から調子が善くない、六時に目が覚めて歯と顔を磨いて少し凡やりとして簡単な朝食を済ませたら猛烈に眠たい、土曜の続きの仕事を続けなければいけないのに酷い睡魔だから少し眠る事にして布団で横になった、気が付いたら10時になっていて冷たい水を飲みベランダへ出てみたけども、矢っ張り猛烈に眠くなって頭が鈍く痛いし重く身体もだるい、午前中は休む事にして布団へ横になって次に気が付いたら昼が過ぎていた。

少しはらくになったけどもまだ頭は鈍く重く痛い、重い頭を抱えてPCを点けて当面の業務の日程の整理をしてみた処、とりあえず今日は休みとしても大丈夫そうなので今日は思い切って午後も休みとすることにした、簡単な昼食にして午後も昼寝をするつもりでいたけども、メールを整理していたら催事案内のメールが来ていた、見たら目白の切手博物館で切手バザールを開催するとあった、それは楽しいかもしれないし夕食の食料品が何も無いので買い物を兼ねて出掛けることにした。

山手線の目白駅を出て右へ行き線路と平行する道を高田馬場の方へ坂を下ると、都営バスの転車台があってその先に切手博物館がある、博物館の催事場にてバザールが開催されていたので、飾られている様々な切手を眺めて愉しんだり切手帳を取り出して眺めたりした、常設展は入場料金の200円を払うと見ることが出来る、その他にも博物館の一階には販売店も入っているので、そこでも眺めたり買い求めることも出来る。

切手の趣味は小学生の頃に乏しい小遣いで買った僅かな枚数があった他、大人になってから大量に買い集めたものがあったけども、何年か前に突然に興味が無くなってすべて手放して切手蒐集をやめてしまった、その後は手紙を出す以外に趣味用として切手を買い求めた事は無かったけども、眺めるのは好きなのでそのような展示会があったり販売店を見掛けたら入って見たりしている。月に雁、見返り女、写楽、びーどろ女、小学生の頃に憧れた切手や、北朝鮮など外国の珍しい切手を眺めたりしていたら気分は愉しくなってきた、切手趣味と云うと爺さんの趣味かと思っていたけども、意外にも女性の姿が多い、特に二十代三十代の女性が多くて見るだけではなくたくさん買い求めていた。

博物館を辞して池袋で鉄道模型を眺めてから駅前で買い物をして帰って来た、日が暮れて七時になった処で何時のように湯浴びをしてエビスを飲み始めて刺身と豆腐を食べ始めて、ディスカバリーチャンネルの地球と地学の話しを愉しく観始めた、しかし食べ始めた途端に睡魔が襲来をして酷く眠たい、刺身も豆腐もかいわれ大根も半分をして残して冷蔵庫へ仕舞った、エビスは残せないので無理して残りを飲み干し少し休んだら早いけども九時半には床へ就いた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一度睡眠時無呼吸症の診断を受けられては

Re: No title

>竹林堂さん

> 一度睡眠時無呼吸症の診断を受けられては

そうですね・・。
次回クリニックへ行ったら相談してみます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。