スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国料理店

我が家の近所に韓国人のお神が一人できりもりする韓国料理の店がある、そのお神とはずいぶんと顔見知りで前はよく通っていたのにすっかり忘れていた、何んと云っても我が家から四軒の並びにお住まいの方でもある、日曜日の午後に道端でぱったりと会って「アラひさしぶりじゃないの」なぞと話しが弾んだ、伺えば昼食も始めたとの由、しかも好物の冷麺も揃えているからぜひいらしてください。それでは行くことにしようと昼はそのお神の店へと出掛けた。

冷麺にはスープが這入ったムルネミョンとスープが無く辛いタレであえたピピンネミョンの二種類がある、自分はスープ入りが好きなので今日もスープ入を頼んだ、店は10人も入ればいっぱいと云う小さな店、そこへ四人の先客が居る、それも主婦仲間らしくて食事を終えておしゃべりに熱が篭り誰の彼のは目に這入らない様子、その甲高い喋り声や笑い声がえらい八釜しく動物園のあひるか養鶏場のにわとりを思い出す、冷麺が出来て食べ始めると、話し好きなお神が仕切りに話しかけてくるけども、あひる達の話声や笑い声が八釜しくてさっぱり聞き取れない、それでも久しぶりですねから始まり、近所の出来事や様子を伺ったり話たり愉しく過ごした、帰りに白菜キムチも買い求めて代金を支払ったときに、あひる組はまだげらげら熱中をしているから余っ程に愉しいのだろうと思う、お神も呆れて苦笑いをしていた。

帰って来てキムチを冷蔵庫へ仕舞って、これはまだ若いと云うことなので数日ほど醗酵を進めてうんと酸っぱく舌が痺れるほどにしてから食べようと思う、お神のキムチはいつもそのようにして頂く、熱い飯にも合うしビールにも合うし、細かく刻んで納豆と混ぜてもうまい。

日が暮れてエビスを飲もうと思って冷蔵庫を開けるとキムチが這入っているのでぷうんとにおって食欲をそそる、そこでまだ若いけども袋を開いて取り出そうとしたら、白菜の半身がそっくり這入っていたので根本を包丁で切り取って葉っぱの二枚を取り出して切った、スーパー店やコンビニエンスなぞで売られているキムチはどことなく甘くてあまり好きではないけども、お神のキムチは甘味が少なく味が濃くてとてもおいしい、とは云え矢っ張りまだ若いのであと数日は冷蔵庫へ仕舞っておくことにしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。