スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニ日分

土曜日

今日も朝から業務を始めて昼が来て、今日は土曜日で市役所の食堂が開いていないので乾麺を茹でて蕎麦をこしらえて昼食にした、矢っ張りそば屋の品とはまるで違っていて、食感はつるつると云うよりもぽろぽろとした感じであるし、つゆは市販の濃縮したものを水で伸ばしたものなので、不味くはないけどもそばつゆとは趣がだいぶ違う、こればかりは仕方が無いものは仕方が無い。

昼食後に業務を再開したら急速に睡魔が遣って来て目を開けていられない、思い切って寝室で横になった、こればかりは在宅勤務の利点か知ら、横へなった途端に眠りへ落ちて気が付いたらおよそ30分ほどが過ぎていて、頭はばかにすっかりさっぱりとしたので、欧州南域の習慣でもある昼寝を日本も導入すべきではないかとも思う。

日曜日

朝も早くから馬鹿愚かな二輪車の騒音で叩き起こされて少しく腹を立てたものの、緩っくり朝寝か二度寝を楽しもうと思ったので目を閉じていたら、続いて消防自動車がけたたましいサイレンを鳴らして幾台も通り過ぎて八釜しくてとても寝ていられない、諦めて起きることにして居間へ移動をしたらまだ五時の少し過ぎ、もう少し眠ろうかとも思ったけども、それも暑いしめんどくさいからよす事にした。

今日は思い切って一日を休むことにしたので、とりあえず緩っくりと居間の椅子へ座り凡やりとしながら茶を飲んだ、何をするにしてもまだ朝も早いからテレビと録画機を点けて録画していた番組を眺めはじめた、砂漠の話し、アンデス山脈の話し、家の基礎を残して内部を建て替える話し、えちぜん鉄道を巡り歩く話し、古代スパルタ国の壮絶な話し、簡単な朝食を済ませた後も凡やりと眺めていたら、緊張の糸が途切れている所為か眠り込んでしまって、気が付いたら十時半になっていた。

先月から切手の蒐集を再開したので今日も目白の切手商へ行くことにしたので、支度をして11時の頃には出掛けた、通りへ出てみたら向こうにバスの姿が見えたので駅までバスに乗った、これで大汗を流さずに済みそう、昼の少し過ぎには池袋の駅へ着いて適当な軽食堂で昼食にしてから、山手線へ乗り換えて目白の駅へ着いてみると、池袋の駅で構内を長く歩いたので暑くて汗が流れ出て止まらない、駅前の洒落たカフェで冷たいコーヒーを飲んで一と休みをしてみた、出入り口と窓はすべて開け放たれて通り過ぎる風でとても気分が善い、駅前を行く人々を眺めなくもなくながめなくもなく凡々と冷たいコーヒーを飲み過ごした。

切手商はまだ3回目の訪問なのにお神もご主人も顔を覚えていてくださった、今日は切手と切手帳を買い求めた、ご夫婦の話に拠ると、切手蒐集は静かなブームが始まっているのだと云う、最近の流行りは一とつの切手について四枚を買い求めて、一枚は保存用に、一枚は交換用に、ニ枚は切手趣味仲間へその切手を貼って手紙を送る、届いた内の一枚は仲間へ進呈し、一枚は取り戻して自分の消印入りの蒐集とすると云う、主に女性を中心にそのような楽しみをしていると云う、その為に店頭へ並べられているパッケージされた切手はどれも四枚入りになっていた。

切手商のご夫婦に左様ならと挨拶をしてから店を辞して、池袋の東武百貨店で鉄道模型を眺めてから戻って来て、駅前のバスプラな店で夕餉の食料品を買い求めて市営バスに乗ってニ時半には帰って来た、食料品を冷蔵庫へ仕舞って少し休んだ後に、ほんの少しだけ部屋の模様替えを実施してみた。

模様替えの後に、買って来た切手と手持ちの切手を新しい切手帳へ並べてみたら6頁が埋まった、欲しいと思った切手はこれですべて集まったので当分はこれでいい事にしよう、日が暮れて夜になったのでエビスを飲みながら切手帳を開いてニタニタと眺めて、しかし次は何を集めようとは思わないけども、その内に欲しくなるかもしれないしならないかもしれない、毎日のように眺めて楽しむことにしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。